賛助会員制度

2007.08.29

 公益財団法人日本交通公社は、わが国では数少ない「旅行・観光における実践的な学術研究機関」として調査研究活動、旅の図書館運営、刊行物の制作などに取り組んでいます。

 賛助会員制度は、当財団の事業活動にご理解・ご賛同くださる多くの会員の皆様のご支援のもと、公益活動の一層の充実・活性化を目的とするもので、観光文化の振興を目的とした公益事業・活動費として役立てさせていただいております。旅行・観光に関心の高い自治体や観光協会、大学・研究機関、宿泊施設、観光施設、旅行会社、運輸業など多方面の団体・個人にご加入いただいています。

 趣旨ご賢察のうえ、ご入会賜りますようお願い申し上げます。

賛助会員制度の概要

~賛助会員の皆様に研究成果・活動内容を積極的にご報告しています~

(1)当財団が発行する刊行物の送付

  • 当財団の調査研究成果をはじめ旅行・観光に関する論考・提言などを取りまとめた機関誌「観光文化」(年4 回発行)や、旅行・観光の直近1 年の動向をとりまとめた「旅行年報」、その他、当財団が発行する全ての書籍・レポート類を随時お送りします。

(2)「旅行動向シンポジウム」の参加優待

  • 最新版「旅行年報」の内容をもとに、直近1 年の旅行・観光の動向をご報告する「旅行動向シンポジウム」(年1 回程度開催・無料)の賛助会員様先行申込受付期間を設けています(要事前申込。1 団体につき2 名様まで)。また、会員様向けには動画配信をおこないます。

(3)「観光地経営講座」の参加費割引

  • 実践的な観光施策の手法等を学んでいただける「観光地経営講座」(年1 回程度開催)の参加費を3 割引とします(要事前申込。1 団体につき2 名様まで)

(4)「たびとしょ Cafe」の参加優待

  • 旬なテーマに詳しいゲストスピーカーをお招きし、図書空間で気軽に研究交流を行う「たびとしょcafe」(年4 回程度開催)に無料でご参加いただけます(要事前申込。1 団体につき2 名様まで)。

(5)最新の情報をメールニュースで配信

  • 当財団主催のセミナー開催情報や最新刊行物、自主研究成果の最新情報など、タイムリーな情報をメールニュース(月1 回程度)でお届けします。

主な加入団体・業界

~旅行・観光に関心の高い行政・事業者・研究機関等を中心に、多方面の団体・個人から加入いただいています~

  • 自治体・観光協会
  • 各国政府観光局
  • 旅館ホテル
  • 旅行会社
  • 観光施設
  • 運輸業
  • 金融業
  • 大学・研究機関  等
 賛助会員様一覧はこちら

会費

  • 年会費 1口 50,000円(消費税不課税)
  • 何口でもご加入になれます。

お申し込み方法

  • お申込みは、下記申込みフォームよりお申込みください。申込みはFAXにても承ります。 受付次第、請求書を送付いたします。

お問い合わせ・ご運絡先

   〒107-0062 
   東京都港区南青山二丁目7番29号 日本交通公社ビル
   公益財団法人日本交通公社 総務部 
   TEL:03-5770-8350  FAX:03-5770-8358