NO.24 第2回「たびとしょCafé」を開催しました

2015.04.22

 「旅の図書館」では、去る3月6日(金)に第2回「たびとしょCafé」を開催しました。

 

 今回のテーマは「アニメ聖地巡礼から考える観光と地域の可能性」。ゲストスピーカーには、この分野の研究の第一人者のお一人である奈良県立大学地域創造学部講師の岡本健氏をお招きしました。ゲスト(参加者)も大学教員や研究者、観光政策や行政に関わる方、アニメを研究テーマとする学生やコンテンツ産業に関わる方など多彩な顔ぶれとなりました。 閉店後、ゲストの皆さんからは「もっと長くても良かった」、「話がとても面白く、あっという間の2時間半だった」といった嬉しい感想をいただきました。多様な年代・異業種の方々の自由な意見交換は、「アニメ聖地巡礼」という観光現象への理解を深めるとともに、今後のコンテンツ・ツーリズムの推進や地域づくりに対する多くの気づきにつながったように思います。

 

 2015年度も引き続き魅力ある「Café」を企画開催していく予定です。

第2回「たびとしょCafé」の詳細は「観光文化225号」(p51)でも紹介していますので、ぜひご覧下さい。

https://www.jtb.or.jp/wp-content/uploads/2015/04/bunka225.pdf

no.24photo1    

 和やかな雰囲気に、ゲストスピーカーとの歓談もはずみました

(2015/4/23 大隅一志)