No.27 第3回「たびとしょcafé」を開催しました

2015.07.17

 旅の図書館では、7月3日(金)に、宿坊研究会代表・寺社旅研究家の堀内克彦氏をお招きし、第3回たびとしょcafé「寺社をとりまく旅の今」~寺社コン、御朱印めぐりに集う若者たち~ を開催しました。

 従来から行われている座禅体験や写経体験に加え、豊富なデザインの御朱印帳を持って寺社をまわる「御朱印めぐり」や、寺社や歴史が好きな男女が寺社を楽しむ「寺社コン」、ご住職とのふれあいやお寺自慢の精進料理も魅力の宿坊体験など、様々なスタイルで寺社を楽しむ動きをご紹介いただきました。

 さらに、檀家・参拝者の減少や後継者不足などに悩む寺社の実態をご紹介いただくとともに、新たに宿坊の受け入れをはじめることで活気が戻ったお寺の事例や、今後、観光や防災、教育の面などにおいて寺社が活躍できる可能性などを示唆していただきました。

 参加者は20代から70代までと幅広い年齢構成となりました。特に今回は大学生が多く、普段あまり知ることのできない寺社側の意識や新たな試みについて熱心に聞き入っていました。

 第3回「たびとしょcafé」の詳細は、次号の「観光文化227号」でも紹介予定です。

P7030048 P7030003

(2015/7/17 福永香織)