No.66 2017年度第2回「温泉まちづくり研究会」を開催しました

2017.12.05

 2017年11月28日(火)、当財団B1会議室で2017年度第2回温泉まちづくり研究会を開催しました。当日は、会員温泉地のメンバーやアドバイザー等、約40名の方がご参加くださいました。

 今回の研究会のテーマは「温泉地でのアート(芸術文化)の展開を考える」とし、まずお2人のゲストスピーカーよりお話がありました。お一人目は「大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ」などの芸術祭の運営を手掛ける(株)アートフロントギャラリーの関口正洋氏、お二人目はその芸術祭の舞台の一つである松之山温泉でまちづくりに取組む、旅館ひなの宿ちとせの代表取締役社長、柳一成氏でした。

 お2人の講演の後休憩を挟み、後半は各温泉地におけるアート(芸術文化)に関する取組みの紹介と、先のお2人のお話を受けてのコメント等がありました。各温泉地においても検討・取組みが進められているテーマであったことから質問・意見交換も活発に行われ、多くの気づきがあった研究会となりました。

 当研究会では、今年度も会員温泉地に共通する現実的な課題や半歩先ゆくテーマを引き続き取り上げ、解決策や望ましい方向性を議論し、提言やアクションにつなげることを志向して活動していきます。

※第2回研究会の様子(詳細)は以下HPで近日公開予定です。
http://onmachi.jp/
onmachi2017-2

(2017/12/05 守屋邦彦)