No.68 2017年度第3回「温泉まちづくり研究会」を開催しました

2018.02.26

 2018年2月19日(月)、20日(火)の2日間、群馬県草津町の草津温泉で2017年度第3回温泉まちづくり研究会を開催しました。当日は、会員温泉地のメンバーやアドバイザー、草津温泉の関係者の方々、約70名がご参加くださいました。

 約1ヶ月前の1月23日に群馬県草津町本白根山で噴火が発生いたしましたが、開催場所である草津温泉街は通常通りの状況で、多くの観光客で賑わっていました。

 今回の研究会のテーマは「温泉地の雇用問題を考える~今後どう取組むべきか~」とし、20日(火)には3部構成でプレゼンテーションや議論を行いました。

 まず第1部では、ゲストスピーカーとして石川県・山代温泉から「あらや滔々庵」代表取締役の永井隆幸氏をお招きし、現在地域全体で取組んでいる雇用促進の取り組み「KAGAルート」に関連するお話がありました。第2部では、事務局である当財団から、会員温泉地で実施した宿泊施設の従業員・経営者アンケートの調査結果の報告を行いました。

 そして第3部では、これまでに議論されてきた結果も踏まえて、温泉地の雇用に関する今後の取り組み方について活発な意見交換が行われました。

 今年度の研究会は今回で終了となりますが、次年度も引き続き会員温泉地に共通する現実的な課題や半歩先ゆくテーマを取り上げ、解決策や望ましい方向性を議論し、提言やアクションにつなげることを志向して活動していきます。

 ※第3研究会の様子(詳細)は以下HPで近日公開予定です。
http://onmachi.jp/

(2018/2/26 守屋邦彦)

関連するタグ: