No.46 第26回旅行動向シンポジウムを開催しました

2016.11.11

 11月1日(火)・2日(水)に26回目となる旅行動向シンポジウムを開催しました。
今年は初めて2日間に渡る開催としましたが、定員を大幅に超える約200人(両日延べ)の方にご参加いただき、昨年同様、観光に対する注目度の高さと拡がりがうかがえました。

 1日目の旅行市場編は、「日本人の旅行市場」「観光産業の動き」、訪日外国人の旅行市場の「2015年総括と2016年最新動向」「外国人の訪日旅行に対する意識」「台湾・香港・中国発の団体旅行商品」についてJTBF旅行実態調査、JTBF旅行需要調査、DBJ・JTBFアジア欧米豪訪日旅行者の意向調査などの独自データを中心に報告を行いました。

 インバウンドについては、データを用いて3つの通説「団体から個人へ」「都市から地方へ」「モノ消費からコト消費へ」の検証を行った他、国によって異なる旅行商品の特徴や、人気の立ち寄り先・体験プログラムなどを紹介しました。総括ディスカッションでは、データを参照しながら、今後注目すべき市場、活動、地域について議論を深めました。

 2日目の観光地・観光政策編では、「全国的な観光地の動き」、注目すべき地域の動きとして「ニセコにみる海外資本の動向」「熊本地震からの観光復興状況及び課題」、観光政策の動向として「国及び都道府県の観光政策」「「日本版DMO」の現況と方向性」について報告しました。総括ディスカッションでは、前半の発表の補足に加え、私どもの調査研究活動の中で関わりのある釧路市や白馬村、草津町、鳥羽市などの近年の取り組み、熊本地震発生後の黒川温泉や由布院温泉の対応についてご紹介しました。

 当日のプログラムは以下の通りです。
 『旅行年報2016』も全文公開しておりますので、ぜひご活用ください。

【11/1 旅行市場編】
開会・主催者挨拶
1.日本人の旅行市場          中島 泰 (観光地域研究部 主任研究員)
2.観光産業の動き           菅野 正洋 (観光地域研究部 主任研究員)
質疑応答・休憩
3.訪日外国人の旅行市場
 ①2015年総括と2016年最新動向     川口 明子(観光経済研究部 主任研究員)
 ②外国人の訪日旅行に対する意識     外山 昌樹(観光経済研究部 研究員)
 ③台湾・香港・中国発の団体旅行商品   柿島 あかね(観光経済研究部 主任研究員)
休憩
4.総括ディスカッション
 ファシリテーター 塩谷 英生(観光経済研究部長・主席研究員)
          川口 明子(観光経済研究部 主任研究員)
          外山 昌樹(観光経済研究部 研究員)
          柿島 あかね(観光経済研究部 主任研究員)
          菅野 正洋(観光地域研究部 主任研究員)
          中島 泰(観光地域研究部 主任研究員)
    

【11/2 観光地・観光政策編】
開会・主催者挨拶
1.全国的な観光地の動き         守屋 邦彦(観光政策研究部 主任研究員)
2.注目すべき地域の動き
 ①ニセコにみる海外資本の動向      西川 亮(観光政策研究部 研究員)
 ②熊本地震からの観光復興状況及び課題  牧野 博明(観光政策研究部 主任研究員)
休憩
3.観光政策の動向
 ①国及び都道府県の観光政策       牧野 博明(観光政策研究部 主任研究員)
 ②「日本版DMO」の現況と方向性     山田 雄一(観光政策研究部次長 主席研究員)
休憩
4.総括ディスカッション
 コメンテーター  山田 雄一(観光政策研究部次長 主席研究員)
 ファシリテーター 梅川 智也(理事・観光政策研究部長)
          守屋 邦彦(観光政策研究部 主任研究員)
          西川 亮(観光政策研究部 研究員)
          牧野 博明(観光政策研究部 主任研究員)
          岩崎 比奈子(観光政策研究部 主任研究員)
          後藤 健太郎(観光政策研究部 主任研究員)
          清水 雄一(観光政策研究部 研究員)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(2016/11/11 福永 香織)