第16回 海外旅行動向シンポジウム採録集 “心が動く”ヒットの方程式に学ぶ~ソーシャルメディアに声を聴く

2011.12.28

第16回海外旅行動向シンポジウム

平成23年7月に実施した「海旅旅行動向シンポジウム」では、ますます存在感が高まってきたソーシャルメディアの特性を学びながら、そこに見える消費者の心の動きとヒット現象に迫りました。

これまでは「経験」や「勘」のマーケティングに頼らざるを得なかった“クチコミ”や“街の噂”のメカニズムが、ブログやSNSなどソーシャルメディアの台頭により分析可能になっています。

シンポジウムでは主に映画の事例を中心に、インターネット上に書き込まれた話題の量と、現実の人の動きや売上げの関係を検証しました。また、従来のアンケート調査ではなかなか見えなかった深層心理についてもブログから読み解き、現代のヒット現象は間接コミュニケーションによって起きていること、そのための共鳴性、周辺話題性が欠かせないこと等、観光分野にも大いに応用できるヒントを紹介しました。

おかげさまでシンポジウムは新しい動きを半歩先取りした試みとして高い評価をいただきました。シンポジウムで示された新しいメディアの活用法が観光産業を活性化させ、より良い旅行・観光地づくりへと繋がると確信し、ここに記録を公開いたします。

(2011年7月21日 開催)
発行年月
2011年12月
判型・ページ数
A4判 24ページ
本記録は、PDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます(無料)。
【PDF:14.5MB】

第16回海外旅行動向シンポジウム 「“心が動く”ヒットの方程式に学ぶ~ソーシャルメディアに声を聴く」 目次

  • はじめに
  • シンポジウム パネルディスカッション
     “心が動く”ヒットの方程式に学ぶ~ソーシャルメディアに声を聴く
      株式会社ヒットコンテンツ研究所 代表取締役社長 吉田 就彦 氏
      株式会社ヒットコンテンツ研究所 マーケティング・アナリスト 新垣 久史氏
  • 「楽しさ」と「便利さ」がヒットの2大要素
  • 間接コミュニケーションこそ重要
  • ブログ書き込み数でわかる売れ行き
  • 読めるヒットの質的要因
  • ヒット作には肯定と否定が混在
  • ヒットにつながる共鳴性や周辺話題性
  • キーグラフで知る口コミの核
  • 境港のヒットは明確なコンセプト:妖怪
  • 逆転するマスメディアとソーシャルメディア
  • まず「発信」、ではなく「傾聴」から始める

旅行動向シンポジウム バックナンバー