第15回 海外旅行動向シンポジウム採録集 時代の価値から考える 若者の海外旅行離れ

2010.10.01

第15回海外旅行動向シンポジウム

平成22年7月に実施した「海外旅行動向シンポジウム」では、「えっ! 海外旅行がカッコ悪い!? ~今時の"ガールズ" 意識とは」と題し、懸案の「若者の海外旅行離れ」を今までにない視点から取り上げました。
今回の目的は、その「旅行離れ」の原因を、雇用や収入といった社会・経済的な側面にとらわれず、若者の価値観や行動を深く知ることから実践的な解決策を探ることです。
若者の消費行動の特徴については、松田久一さんから世代論的解説をお聞きしました。その対応として、「フュージョン」消費などがキーワードとして挙げられています。そのフュージョン消費の成功例と言える「東京ガールズコレクション」についてチーフプロデューサーの永谷亜矢子さんから学びました。そのビジネスモデルは創造的で、若い女性層(F1層)の心・価値意識を揺さぶることで興味と消費意欲を刺激しています。
また、本シンポジウムに合わせ、若い女性から大きな支持を受けている「読者モデル」へのグループインタビュー調査や、F1層女性へのウェブアンケート調査も実施しました。この報告書では、当日の採録に加え、独自の研究成果と「ガールズマーケット旅行意識調査」結果も収録しています。
(2010年7月23日開催)
発行年月
2010年10月
判型・ページ数
A4判 80ページ
価格
本体価格 2,000円 + 税
※オンライン書店(Amazon.co.jp)にてPOD版を発行中。
  (本書は当サイトでの販売は行っておりません。)

第15回 海外旅行動向シンポジウム 「時代の価値から考える 若者の海外旅行離れ」 目次

  • シンポジウム 第2部 「世代論から見えてきた"バブル後世代"の特徴」
    (株式会社ジェイ・エム・アール生活総合研究所 代表取締役 松田 久一 氏)
  • シンポジウム 第3部 「ガールズマーケットの刺激策、教えます」
    (株式会社F1メディア 代表取締役社長 兼 東京ガールズコレクション実行委員会 チーフプロデューサー 永谷 亜矢子 氏)
  • 考察 若者の"海外旅行離れ"を考える
  • 研究ノート 「東京ガールズコレクション」は創造的プラットフォームビジネス
    1.「東京ガールズコレクション」から学び、考えたこと
    2. 変化するF1層を取り巻く情報源
  • 調査結果 ガールズマーケット旅行意識調査

旅行動向シンポジウム バックナンバー