2021年度「観光地経営講座」(7/9(金)・19(月))

【2021年度観光地経営講座 開催案内チラシPDF版】

 当財団では、主に自治体で観光・地域振興に携わる方々を対象に「観光地経営講座」を開催しております。本講座は、時季に合ったテーマに関する外部講師を招聘し、当財団の研究員が講師の方々の知見を引き出しながら受講者の皆様とも議論して、より理解を深めるスタイルにて開催いたします。

 今年度は「観光地の“強さ”とは何か?~経験価値に立脚する原点回帰の観光地経営~」をテーマに開催します。
 新型コロナウイルスの国際的な感染拡大によって、観光地、観光産業は軒並み大きな打撃を受けています。一方で、コロナ禍においても来訪者や移住者が集まる地域も見受けられます。こうした地域は、その地域ならではの強みを活かした経験価値を形にするとともに、顧客のみならず、ともに観光事業に取り組む地元の関係者、地元住民との間に強固な信頼関係(ロイヤルティ)が構築できていることがうかがえます。
 先が見えない状況だからこそ、長期的視点に基づいた地域のブランディングに取り組み、地域の経験価値を改めて考えていただくきっかけになれば幸いです。

 観光行政のご担当者、観光関連団体、商工会議のご関係者など、観光による地域振興に取り組む皆様のご参加をお待ちしております。

 
テーマ 観光地の〝強さ″とは何か?
 ~経験価値に立脚する原点回帰の観光地経営~
開催日時 7月9日(金)09:30~15:30(4講義/オンライン講義)
7月19日(月)09:30~16:00(現地研修/軽井沢でのリアル開催)
※7/9の講義のみ、もしくは両日参加のどちらかがお選びいただけます。
※現地研修は自治体、DMO、観光関連団体、観光事業者など地域で観光振興に取り組む方を対象としたプログラムになっております。
会  場 7月9日(金):Zoomウェビナーによるオンライン講義
7月19日(月):軽井沢での現地研修
主な対象者 観光による地域振興に携わる地方自治体のご担当者、
観光関連事業者、観光協会やDMO、商工会議所等の関係者など
募集人数 オンライン講義(7/9)のみ参加:70名
オンライン講義(7/9)と現地研修(7/19)の両日参加:12名
※お申し込み順
受 講 料 オンライン講義のみ参加:5000円(賛助会員は3500円)
オンライン講義+現地研修:10000円(賛助会員は7000円)
※お申込み確認後、事務局より請求書を発送させていただきますので、講座当日までにお振込みをお願いいたします。
お申込み方法 本ページの申し込みフォームからお申込みください。
お申込み締切日 7月2日(金)
※定員に達し次第、締め切りとさせていただきますのでご了承ください。
→お申し込み受付を終了しました。
お問い合わせ 公益財団法人日本交通公社 観光政策研究部 日下部・福永
〒107-0062 東京都港区南青山二丁目7番29号 日本交通公社ビル
E-mail:jtbfseminar@jtb.or.jp
お申し込み受付を終了しました

講義スケジュール

7月9日(金):オンライン講義

9:30 開講・オリエンテーション
◆講義1.観光地の〝強さ″とは何か ~コロナ禍で試される観光地マネジメント~
     講師:山田 雄一((公財)日本交通公社 観光政策研究部長)
◆講義2.改革は組織の内側と足元から ~自立的な組織経営に向けた沖縄市観光物産振興協会の取り組み~(仮)
     講師:山田 一誠 氏((一社)KIX泉州ツーリズムビューロー専務理事/元(一社)沖縄市観光物産振興協会 事務局長)
◆講義3.地域資源を大切に 百年先を見据え官民協働で取り組む道後温泉の観光まちづくり
     講師:山下 勝義 氏(松山市産業経済部道後温泉事務所活性化担当課長)
◆講義4.時代ごとに経験価値を創造する軽井沢(仮)
     講師:工藤 朝美 氏((一社)軽井沢観光協会 事務局長)
15:30 総括・終了

7月19日(月):現地研修

09:30 開講
◆オリエンテーション
    講師:新宅 弘恵 氏((一社)軽井沢観光協会 事務局次長)
◆グループごとにフィールドワーク
◆グループディスカッション
◆発表&全体ディスカッション
16:00 終了

※会場は軽井沢駅周辺を予定しております。

【全体進行】 (公財)日本交通公社 観光政策研究部 主任研究員 福永 香織
※講師、講義内容、登壇日(順序)は、やむを得ず変更となる場合がございます。
※新型コロナウイルスの感染状況によっては7月19日の現地研修の方法が変更になる場合もございますので、ご了承ください。

これまでの観光基礎講座・観光実践講座・観光地経営講座