研究会・産学官連携

行政関係者、大学などの研究者、有識者、観光実務者などとネットワークを組み、研究テーマごとに研究会を設置しています。
現状からの変化の先を見通した研究テーマを設定し、理論と実践の融合を図っています。

研究会

  • 温泉まちづくり研究会
    温泉まちづくり研究会
     温泉地が抱える共通の課題について解決の方向性を探り、各地の温泉地の活性化に資することを目指す研究会です。現在7つの温泉地(阿寒湖温泉、草津温泉、鳥羽温泉、有馬温泉、道後温泉、由布院温泉、黒川温泉)を会員とし、当財団(事務局)の自主研究(公益事業)の一環として運営されています。
  • 自然公園研究会
    自然公園研究会
    自然公園をはじめとする自然地域の管理や、望ましい利用の促進などについて、研究を推進し、知見を共有する研究会です。実施にあたっては、環境省国立公園課、一般財団法人自然公園財団、世界保護地域委員会日本委員会のご協力をいただいています。
  • 観光財源研究会
    観光財源研究会
    我が国の観光地の振興、管理、保全といったデスティネーション・マネジメント財源獲得手法について研究し、各自治体の取り組み支援を行うことを目的とした研究会です。

産学官連携

  • 大学との連携
    大学との連携
    観光系の大学学部・学科などと連携し、当財団のこれまでの調査研究の成果や実績などを、大学講義などを通じて積極的に発信し、旅行・観光分野で活躍する人材の育成に取り組んでいます。
  • KCTI(韓国文化観光研究院)との連携
    KCTI(韓国文化観光研究院)との連携
    韓国の研究機関である「韓国文化観光研究院(KCTI)」と研究協力を行い、毎年テーマに沿った研究内容の発表や情報交換などを行っています。
  • アジアの観光研究ネットワーク
    アジアの観光研究ネットワーク
     アジアにおける観光研究の現状と潮流の把握に加え、各国の大学や観光関連機関との共同研究や研究交流を行い、当財団はじめ日本の観光研究のレベルアップ・ネットワーク化をはかるものです。
  • 地域との連携
    地域との連携
     地域と連携しながら様々な取り組みのお手伝いをしています。地域からのお知らせなども含めてご紹介しています。