【参加者募集】スマートリゾートシンポジウムの開催(経済産業省主催)

2020.02.12

 今年度、経済産業省は「スマートリゾート※」の推進にあたり、国内外の様々な事例を調査するとともに、2つのモデル地域でスマートリゾート戦略の策定に取り組む事業を推進しています。

※本事業において「スマートリゾート」とは、デジタル技術を活用し、これからの人々のニーズを満たすサービスの提供により、地域への誘客拡大、長期滞在や消費促進を図るとともに、地域の各主体(住民・行政や事業者、環境や文化等)に価値をもたらすことを目指す新たな取り組みとしています。

 この度、国内外の先進事例をご紹介するとともに、モデル地域となった福島県会津若松市と神奈川県鎌倉市から関係者をお招きし、スマートリゾート戦略検討に関わる知見を共有していただくシンポジウムを開催することとなりました。

 スマートリゾートについてご関心のある自治体、観光関連団体や事業者の皆様のご参加をお待ちしております。


開催日時令和2年3月17日(火)15:00~17:00 (※受付・開場 14:00~) 
主  催経済産業省 商務・サービスグループ クールジャパン政策課
会  場(公財)日本交通公社 B1Fライブラリーホール [地図]
 東京都港区南青山2-7-29 日本交通公社ビル
(東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営大江戸線 青山一丁目駅5番出口より徒歩3分)
主な対象者自治体、観光関連団体や事業者の皆様
参 加 費無料
プログラムプログラム詳細(PDF
1.スマートリゾート事業の概要 
2.スマートリゾートの推進にあたって
最近ではデジタル技術を活用し、旅行者の経験価値の向上や人材不足など諸課題の解決、また競争力の向上に取り組む地域や事業者が増えています。ここでは国内外の先進事例紹介を交えながら、スマートリゾートに取り組むことの重要性や取り組みにあたってのポイントについて解説します。
3.モデル地域の取り組み紹介(会津若松市、鎌倉市)
今年度、スマートリゾートの推進に向けた検討を行った地域の関係者から、地域の魅力や特性を活かしてどのように戦略策定に取り組んだかについて紹介いただきます。
4.質疑応答

※プログラムはやむを得ず変更となる場合もございますので、ご了承ください。
お申込み方法下記リンクからお申込みください。
お申込みはこちらから
お問い合わせ先
(運営事務局)
公益財団法人日本交通公社 スマートリゾート調査担当(担当:相澤・工藤・池知・小川)
TEL:03-5770-8430(平日10:00~17:00)
E-mail :smartresort@jtb.or.jp