台湾のインバウンド政策に関する勉強会(8/28)

2017.07.25

 当財団では2015年度より「アジアの観光研究の潮流に関する研究」を実施し、近隣諸国における観光研究の動向を捉えるとともに、各国の研究者との交流を図ってきました。

 観光研究の視野を広げて、気軽に海外の観光研究者・実務者と研究交流をしたいという思いから、定期的に勉強会を開催しています。

 今回は台湾・天主教輔仁大学教授の蘇哲仁先生をお招きし、台湾のインバウンド政策についてお話いただくとともに、先生の近年の研究テーマである家族旅行における意思決定に関する研究についても簡単にご紹介いただきます。
(通訳もおりますが、基本的に英語で進行します。)

開催概要

テーマ 台湾のインバウンド政策に関する勉強会
ゲストスピーカー 蘇 哲仁 氏(天主教輔仁大学餐旅管理学系教授)
日時 2017年8月28日(月) 17:00~19:00
場所 (公財)日本交通公社 B1Fライブラリー会議室
(〒107-0062東京都港区南青山2-7-29 日本交通公社ビル)
定員 10名程度(先着申込順)
参加費 無料
申込方法 以下、申し込みフォームよりお申し込みください。
→定員に達したのでお申し込みを締め切りました

お問合せ 公益財団法人日本交通公社 観光文化情報センター (福永・清水)
TEL:03-5770-8360(10:00~17:00)
E-mail:jtbfseminar@jtb.or.jp
〒107-0062 東京都港区南青山2-7-29

参考資料

関連するタグ: