観光地の振興、管理、保全などを目的とした財源に関するセミナー(観光財源のセミナー)

2017.09.08

 当財団は我が国の観光地の振興、管理、保全といったデスティネーション・マネジメント財源獲得手法について内外の事例なども踏まえながら研究し、各自治体の取り組み支援を行うことを目的として研究会を創設することとなりました。

 そのキックオフとして、財源確保に関する課題への議論を深めることを目的とした公開セミナーを行います。観光地の振興、管理、保全などを目的とした財源について関心のある市町村、都道府県、登録DMOの関係者様など、皆様のご参加をお持ちしております。

スケジュール

10月6日(金) 13:30~16:30(開場13:00)

13:00~13:30 開場、受付
13:30~13:40 事務局(公財)日本交通公社 会長挨拶
13:40~13:50 参加者挨拶
13:50~14:20 観光地の安定的な独自財源確保に向けて
         講師:小磯 修二 氏(元北海道大学公共政策大学院特任教授)
14:20~15:00 (仮題)市町村が活用可能な地方税制について
         講師:山本 倫彦 氏(総務省自治税務局企画課税務企画官)
15:00~15:10 休憩
15:10~16:15 導入検討の自治体および有識者によるパネルディスカッション
        登壇者:猪又 真介 氏(別府市 副市長)
            片山 健也 氏(ニセコ町 町長)
            小磯 修二 氏(元北海道大学公共政策大学院特任教授)
            原 忠之 氏 (セントラルフロリダ大学ローゼン・ホスピタリテイ経営学部 准教授)
            塩谷 英生 氏(公益財団法人日本交通公社 観光経済研究部部長)
16:15~16:30 閉会

※内容、時間は、やむを得ず変更となる場合がございます。

開催概要

日時 平成29年10月6日(金)13:30~16:30(開場13:00)
会場 公益財団法人日本交通公社 B1Fライブラリー会議室
東京都港区南青山二丁目7番29号 日本交通公社ビル
青山一丁目駅 1番出口もしくは5番出口から徒歩3分
講演者 小磯 修二 氏(元北海道大学公共政策大学院特任教授)
山本 倫彦 氏 (総務省自治税務局企画課税務企画官)
主な対象者 観光地の振興、管理、保全などを目的とした財源について関心のある市町村、都道府県、民間組織(例:登録DMO)など。
募集人数 30名程度(お申し込み順)
※1団体につき2名様まででお願いいたします  
費用 無料
主催 公益財団法人日本交通公社
お申込み方法 お申し込みは
・氏名
・ご所属
・役職
・連絡先(メールアドレス含む)
・参加希望人数
を明記の上、dmfinance@jtb.or.jp宛に電子メールでお送り下さい。
お申込み締切日 9月29日(金)
※定員に達し次第、お申し込み受付を終了いたします。
お問い合わせ 公益財団法人日本交通公社 観光政策研究部 池知・山田
〒107-0062 東京都港区南青山二丁目7番29号 日本交通公社ビル
 TEL:03-5770-8430、FAX:03-5770-8359
 E-mail:dmfinance@jtb.or.jp