研究体制

私たちが目指す「実践的な学術研究機関」は、大学とも政府系研究機関とも民間のシンクタンクやコンサルタントとも異なる独自の道です。我々、研究員だけでなく、外部の研究者や実践者とのコラボレーション(観光研究・情報プラットフォーム)を通じて、
「創発的組織」、つまり「創造的な価値を生み出す組織」を目指しています。
こうした組織の目標(ビジョン)を理解、共有し、その実現のために日々努力すること、研究員として自らの能力を常に高めること、そしてそれぞれの研究員が協働して創造的な価値を生み出し続けることが、私たちの役割だと考えています。
当財団では、観光政策研究部、観光地域研究部、観光経済研究部の3つの研究部門と、観光文化情報センターにより調査研究活動を行っています。
研究部門

受託調査・自主研究・学術機関としての活動

観光政策研究部
観光地域研究部
観光経済研究部
観光文化情報センター

出版・シンポジウム・旅の図書館・広報
研究ネットワーク創出・調査研究相談窓口

編集室
旅の図書館
企画室

観光政策研究部

観光地域研究部

観光経済研究部

観光文化情報センター