久保田美穂子(研究員略歴)

2007.08.27
kubota
久保田 美穂子(KUBOTA Mihoko)観光文化情報センター長/旅の図書館長 主席研究員
 旅行者マーケティング、旅館・温泉地活性化調査のほか、当財団主催のセミナー・シンポジウム事業を担当し、若者の旅行、一人旅、まち歩きなど、時流にあったテーマにも取り組んできました。
 観光交流が地域や旅行者にもたらすエネルギーの大きさと可能性を信じ、多様な角度からのデータの読み解き、元気な地域や元気な人が“その気”になった理由に迫る事例取材、そして自らが体験し感じることを大切に活動しています。
 観光地と旅行者の未来をもっと輝くものにするために役に立ちたい、各地の温泉で心身癒されるたびに決心を新たにしています。

<専門領域>

 旅行市場動向/観光マーケティング/温泉地・旅館の活性化/まち歩き

<主な実績>

公職・委員等

  • 公益財団法人中央温泉研究所 理事(2016年9月-)
  • 「神奈川県観光審議会」委員(2014年度-:神奈川県)
  • 「ツアーグランプリ」一次審査員(2013年度-:日本旅行業協会)
  • 「観光おもてなし研究会」委員(2013-14年度:観光庁・日本観光振興協会)
  • 「国民保養温泉地検討委員会」委員(2004年度:日本温泉協会)

自主研究

  • 「アジアの観光研究の潮流に関する研究」(2015年度)
  • 「旅行効用の科学的証明に関する研究」(2014年度)
  • 「観光文化」(2014年度-)
  • 「旅行年報」(2014年度-)
  • 「旅行者動向」(2002・2006-07・2013年度)
  • 「温泉まちづくり研究会」(2011-12年度)

自主事業

  • 「観光基礎講座」「観光実践講座」2004-13年度
  • 「海外旅行動向シンポジウム」「旅行動向シンポジウム」2007-11年度

受託調査研究

  • 「JTB旅連ニュース 地域の魅力づくり/旅館ホテル探訪」(2001-07年度:JTB協定旅館ホテル連盟)
  • 「半島ツーリズム大学」(2003-05年度:国土交通省)
  • 「温泉地利用者満足度調査」(2003年度:国土交通省)
  • 「21世紀の旅館ホテルを考える研究会」(2001年度:主要旅行会社契約旅館連盟)

著書

  • 『温泉地再生-地域の知恵が魅力を紡ぐ』2008年、学芸出版社
  • 『シニアマーケットを読む~7つの視点からのアプローチ』2002年、高見 俊一編 協力/東京ファッション協会(共著)

論文

  • 「今日的まち歩きガイドツアーに関する一考察」2014年「日本観光研究学会 第29回全国大会論文集」(共著)
  • 「一人旅の現状とその特性に関する一考察」2013年「日本観光研究学会 第28回全国大会論文集」(共著)
  • 「我が国温泉地のタイプ分類に関する一考察」1996年「日本観光研究学会 第12回研究発表論文集」(共著)

講演等

  • 「アジアの観光研究の潮流」(2016年:国土交通省)
  • 「瀬戸内しまのわ ファイナルシンポジウム」パネリスト(2014年:愛媛県・広島県)
  • 「観光まちづくりシンポジウム」コーディネーター(2014年:東京都)
  • 「「まち歩き」で地域主体の観光」/観光基礎講座(2013年:JTBF)
  • 「地域を再生する力とは~元気な温泉地の共通点に学ぶ」/立命館アジア太平洋大学「おおいた・べっぷ地域づくり講座」(2008年:同大学)
  • 「旅行者・観光地の動向」/地域づくり人材育成(2007年:新潟県観光協会)
  • 「地域観光マーケティングの基礎」/しま自慢観光カレッジ(2006年:長崎“島自慢”観光人材育成協議会)
  • 「温泉地の活性化と女性客が求める商品づくり」/山形観光アカデミー(2006年:山形県観光連盟)
  • 「日本人の温泉ニーズ」/観光研修講座(2005年:国際協力事業団)

<略歴>

職歴

1988年4月 株式会社日本交通公社
1989年 財団法人日本交通公社 研究員
2002年 主任研究員
2013年10月 観光研究情報室長/旅の図書館長
2015年6月 観光研究情報室長/旅の図書館長 主席研究員
2016年4月 観光文化情報センター長/旅の図書館長/企画室長 主席研究員
2016年6月 観光文化情報センター長/旅の図書館長 主席研究員

2014-15年度   琉球大学非常勤講師
2014年度-    亜細亜大学非常勤講師

 

学歴

1988年3月 東京外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業

 

学会

日本観光研究学会
日本温泉地域学会

出身地

長野県

研究員コラム

(最終更新:2016.04.13)