守屋邦彦(研究員略歴)

2019.06.06
守屋邦彦
守屋邦彦(MORIYA Kunihiko)観光政策研究部 上席主任研究員
 観光による地域の活性化にとって欠かせない、的確な計画・戦略づくり、及びそれに基づく地域の関係者が主体となった持続的な活動の推進・マネジメントに関する調査研究を多く手がけています。また、アジアの経済発展を背景とした人流の拡大に伴い、都市・地域にとってインバウンド、MICEが大きなテーマとなっています。大都市や有名観光地だけでなく、地方部の都市・地域がいかにインバウンド、MICEを推進していくべきかを主眼におきながら調査研究に取り組んでいます。 

<専門領域>

 観光戦略・計画、観光地経営(マネジメント)、MICE、インバウンド

<主な実績>

自主研究

  • 温泉地における観光まちづくりに関する研究(2016年度-)
  • 観光地経営に関する研究(2016-2017年度)
  • これからの観光政策に関する研究(2018年度-)
  • アジアの観光研究に関する情報プラットフォームの構築(2016年度)
  • アジア太平洋地域における観光研究の潮流に関する調査(2015年度)
  • (協働事業)旅行業に関する研究(書籍『旅行産業論』の制作)(2014-15年度)
  • 地域における戦略的なインバウンド推進に関する研究(2010-11年度)

受託調査研究

  • 道の駅から発信するオリジナルブランド創出による地域活性化推進業務(2018年度-:神奈川県茅ヶ崎市)
  • 観光振興計画・観光地マスタープラン作成業務(2018年度-:北海道倶知安町)
  • 水のカムイ観光圏マーケティング調査(2015年度-:釧路観光コンベンション協会)
  • 胎内市観光活性化調査(第2次胎内市観光振興ビジョン策定)業務(2018年度:新潟県胎内市)
  • 花巻・観光まちづくり検討支援業務(2018年度:花巻観光協会)
  • 「新しい東北」交流拡大モデル事業普及・展開事業(2018年度:東北観光推進機構)
  • ユニークベニュー施設における受入環境整備のニーズ調査業務(2017年度:東京観光財団)
  • 観光資源等を活用した地域高度化計画の策定等支援事業(2017年度:経済産業省)
  • 由布院温泉観光基本計画改定業務(2017年度:由布院温泉観光協会)
  • ビジネスイベンツ受入環境調査業務(2016年度:東京観光財団)
  • 多摩・島しょ地域ビジネスイベンツ向けモデルコース開発調査業務(2016年度:東京観光財団)
  • 釧路市観光振興ビジョン改訂業務(2016年度:釧路市)
  • 阿寒国立公園満喫プロジェクト推進業務(2016年度:釧路自然環境事務所)
  • 見本市・展示会等のマーケティング戦略構築のための調査・分析等業務(2015年度:東京観光財団)
  • 水のカムイ観光圏ブランド戦略策定等事業(2015年度:釧路観光コンベンション協会)
  • 展示会産業活性化に向けた国内外大規模展示会場運営実態に係る調査(2014年度:経済産業省)
  • 豊島区内における各種商業イベントの実態調査(2014年度:東京商工会議所豊島支部)
  • 釧路湿原・阿寒・摩周観光圏 広域連携による観光地域ブランド戦略策定(2014年度:釧路観光コンベンション協会)
  • 胎内リゾート活性化方策検討(2007-11年度:新潟県胎内市)
  • 米粉を軸にした地域食材の活用による観光まちづくり(2010-11年度:新潟県胎内市)
  • 阿寒湖畔集団施設地区における良好な街並み景観形成業務(2008-10年度:環境省)
  • 展示会産業活性化のための標準の確立及びビジョン策定等に関する調査(2010年度:経済産業省)

科研費等研究

  • 観光地におけるサービス経済社会に適した持続力ある多種間連携形成のあり方(2018年度~、基礎研究(C)、研究分担者)

著書

論文・執筆

  • 「わが国と世界のビジネスミーティング/イベントに関する研究展開の比較」(2019年、『日本国際観光学会論文集[研究ノート]』日本国際観光学会)
  • 「国際観光による都市・地域の活性化~都市・地域にとってのインバウンド、MICE~」(2018年、『不動産研究』(一財)日本不動産研究所)
  • 「活用の視点からみた東京の文化財庭園-ユニークベニューの取り組み-」(2018年、『都市公園』(公財)東京都公園協会 緑と水の市民カレッジ事務局)
  • 「MICEへの取組みが観光まちづくりを加速する」(2016年、『三菱UFJビジネススクエア会員誌「SQUET」地方銀行版』三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱)
  • 「都市におけるMICE推進戦略に関する基礎的研究」(2014年、『日本観光研究学会全国大会学術論文集[発表論文]』日本観光研究学会)
  • 「インバウンド観光推進の意義と今後の取組み」(2014年、『日本政策金融公庫論集』日本政策金融公庫総合研究所)
  • 「展示会と観光まちづくりの関わり -展示会を軸としたMICEによる地域の活性化-」(PDF 3,282KB) (2014年、『見本市展示会通信』(㈱)ピーオーピー)
  • 「都市の成長戦略とMICE~日本のMICEの現状と今後」(2014年、『JAAF monthly magazine』日本建築士事務所協会連合会)

講演等

  • 観光地ブランド向上セミナー「観光地経営の視点と実践」(2019年1月:宮城県北部地方振興事務所)
  • MICEビジネス中核人材育成講座「観光産業の生産性とMICE産業」(2018年10月:横浜商科大学)
  • 花巻観光を取り巻く状況と観光推進組織(DMO)の必要性(2018年6月:花巻温泉郷観光推進協議会)
  • Initiatives for Tourism Development in Japan Triggered by the 2020 Tokyo Olympics -4th International conference Euro-Asia Tourism studies Association(EATSA) Keynote Speech-(2018年6月:EATSA)
  • 日本における観光による地方創生の現状(2017年4月:国立高雄応用科技大学・輔仁大学民生学院餐旅管理学系)
  • 諸外国における展示会の実態と各国の政策(2016年8月:一般社団法人日本電機工業会)
  • 米粉のまちづくりは地元イベントから始まった(2014年7月:ライブ&イベント産業展(リード エグジビション ジャパン))
  • アジア・太平洋地域のMICE動向と日本の現状・展望(2014年3月:日本ナレッジセンター)
  • 訪日外国人等の動向と今後について(2014年3月:日本デューティー・フリー・ショップ協会)
  • 観光が地域に与える経済的な効果(2014年2月:京都大学・京都市)
  • 米粉を軸とした地域食材の活用による観光まちづくりの推進(2013年6月:宮城県)
  • “観光まちづくり”をどう進めるか~会津美里町観光のこれからを考える~(2013年3月:会津美里振興公社)

公職・委員等

  • MICEビジネス中核人材育成・強化事業に関わる研究委員会 委員(2018年度:横浜商科大学)
  • 第10回大学コンソーシアム八王子学生発表会 観光セッション審査員(2018年12月:大学コンソーシアム八王子)

<略歴>

職歴

1999年4月株式会社三菱総合研究所入社
2006年11月 財団法人日本交通公社 研究員
2008年主任研究員
2012年6月~2014年3月株式会社JTB総合研究所出向
2014年4月観光政策研究部 主任研究員
2019年4月観光政策研究部 上席主任研究員

2011-12年度、2017年度-立教大学観光学部兼任講師
2016年度琉球大学非常勤講師

学歴

1999年3月東京工業大学情報理工学研究科修了

学会

日本都市計画学会
日本観光研究学会

資格

技術士(建設部門/都市及び地方計画)
総務省「地域人材ネット」登録

出身地

東京都

研究員コラム

(最終更新:2019.5.20)