清水雄一(研究員略歴)

2013.08.27
shimizu
清水雄一(SHIMIZU Yuichi)観光政策研究部 研究員
 学生時代、バックパックを背負って様々な土地を旅する中で、観光によって地域は良くも悪くもなることを目の当たりにしてきました。持続可能な観光の姿とは、地域の人々と旅人との良き出会いの上にあるのだと思います。「地域の今と未来にとって良いことは何か」を問い掛けながら、地域の課題解決につながるよう、また、一人でも多くの人の旅が豊かなものとなるよう、調査研究活動に取り組んでいきたいと思います。

<専門領域>

 地域文化資源を活用した観光振興、持続可能な観光のための指標開発

<主な実績>

自主研究

  • 多様な人々が屋外フィールドを楽しむことを支援するための情報提供のあり方に関する研究(2015年度)
  • 観光指標のあり方に関する研究(2012-14年度)

受託調査研究

  • 平成27年度復興エコツーリズム推進モデル事業フォローアップを通じた他地域への応用手法調査関連業務(2015年度:環境省)
  • 山田町観光復興ビジョン策定業務(2015年度:山田町)
  • 見本市・展示会等のマーケティング戦略構築のための調査・分析等業務(2015年度:東京観光財団)
  • 地域経済産業活性化対策調査(観光産業の地域経済への波及効果分析手法の検討及び 地域ストーリーづくりに関する調査)(2014年:経済産業省)
  • 観光地形成促進地域推進事業(2013-14年度:沖縄県)
  • 誰にでもやさしい観光地づくり形成事業(2012-14年度:沖縄県)
  • 滞在交流型観光に係る受入環境改善事業(2013年度:観光庁)
  • 世界に通用する観光人材育成事業(2012年度:沖縄県)
  • 沖縄の観光産業の魅力向上に向けた検討調査(2011年度:内閣府沖縄総合事務局)
  • エコリゾートアイランド沖縄推進事業(2011年度:沖縄県)
  • 都市ホテル・宿泊マーケティング研究委員会(2011年度:JTB協定旅館ホテル連盟)
  • 観光地の魅力づくり支援事業総括(2010年度:JTB協定旅館ホテル連盟)
  • 観光産業のイノベーション促進事業(2009年度:観光庁)
  • エコツーリズム推進普及啓発等事業(2008年度:環境省)

機関誌『観光文化』

  • 「欧州の先行事例に学ぶ「持続可能な観光のための指標」の導入過程―イギリス・アイルランド視察報告」2014年、『観光文化』222号
  • 「世界観光機関(UNWTO)による持続可能な観光のための指標を活用した観光地の管理・運営の体系-概要と国内導入への展望」2013年、『観光文化』216号(共同執筆)

講演等

  • 「誰にでもやさしい観光地をめざして~沖縄県における観光のバリアフリー化の取り組み~」(2014-15年) 琉球大学 観光産業科学部 「観光学特殊講義Ⅳ沖縄の観光振興実践論」
  • 「Tourism as a Reflection of the Society's Values」(2014-15年)法政大学 グローバル教養学部「Tourism Development in Japan」
  • 「日本人の海外旅行動向」「日本の観光統計と調査手法」講義(2012-13年度)JICA地域別研修 アフリカ地域 持続可能な観光開発(自然及び文化観光開発)
  • 「観光と開発/観光が作られていく仕掛け・仕組み~観光を考える視点~」講義(2010-12年度)拓殖大学国際関係学部

<略歴>

職歴

2007年4月財団法人日本交通公社 研究員

2014-15年度琉球大学非常勤講師

学歴

2004年3月国際基督教大学教養学部社会科学科卒業
2007年3月一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了

学会

日本観光研究学会

出身地

埼玉県

研究員コラム

(最終更新:2016.5.10)