外山昌樹(研究員略歴)

2019.06.06
外山昌樹
外山 昌樹(TOYAMA Masaki)観光経済研究部 主任研究員/博士(経営学)
 旅行・観光に関わる多様な主体の態度や行動について、マーケティング・消費者行動論の視点から研究を進めています。特に最近は、訪日外国人旅行(インバウンド)市場に着目しています。受託調査研究においては、国内旅行に関する公的統計の集計・分析などに取り組んでいます。
 旅行・観光が人間の営みである以上、よりよい観光地づくりのためには、それに関わる人々のふるまいについて探ることが必要だと考えています。

<専門領域>

 観光地マーケティング、消費者行動論、社会調査

<主な実績>

自主研究

  • インバウンドによる経済効果に関する事例研究(2017-18年度)
  • 訪日市場の動向に関する研究(2016-18年度)
  • 観光経済の将来課題に関する研究(2016年度)
  • 観光地マネジメント研究会(2010-14年度)
  • 旅行効用の科学的証明に関する研究(日本旅行業協会、立教大学との共同研究:2014年度)

受託調査研究

  • 旅行・観光による経済効果等に関する調査研究(2015-19年度:観光庁)
  • 観光産業の地域経済への波及効果分析手法の検討及び地域ストーリーづくりに関する調査(2014年度:経済産業省)
  • 観光地域における評価に係る検討実施業務(2013年度:観光庁)
  • 観光中核人材育成事業(人材育成手法の策定等)(2012年度:観光庁)
  • 観光地域における評価のあり方等に関する基礎検討業務(2012年度:観光庁)
  • 観光地域づくり人材育成ガイドライン業務(2011年度:観光庁)
  • 観光地域づくりプラットフォームモデル事業(2010年度:観光庁)
  • 持続可能な観光地づくり支援事業(2009年度:沖縄県)

著書

論文・執筆

  • 「観光地ロイヤルティ形成における愛着とスイッチング・コストの影響―箱根を事例として―」2019年、『観光研究』Vol30-2(筆頭著者)
  • 「観光施設における割引券を利用したイールド・マネジメントの可能性」2018年、『日本国際観光学会論文集』Vol25(共著)
  • 「若年時における旅行の効用に関する研究動向-教育面を中心に」2015年、「観光文化 226号」
  • 「An Empirical Assessment through Process Quality and Image in Tourist Destination : An application to Kyoto」2015年、 Proceedings of The Euro-Asia Tourism Studies Association (EATSA) Inaugural Conference(共著)
  • 「再来訪意向に対する旅行経験の影響― 旅行者の記憶および満足が果たす役割に着目して―」2015年、『日本国際観光学会論文集』Vol22(筆頭著者)
  • 「観光地に対する満足度研究の進展と今後の課題」2014年、「観光文化 221号」
  • 「Market segmentation by push motivation: Implications for regional destination marketing」2014年、Proceedings of the 45th Annual Conference of Travel and Tourism Research Association (TTRA)(筆頭著者))
  • 「我が国観光地に適したロイヤルティ構成モデルの検討」2014年、『観光研究』Vol25-2(共著)
  • 「国内観光旅行が主観的幸福感に与える影響」2013年、「第28回日本観光研究学会全国大会学術論文集」
  • 「Categorization of Destinations Based on Tourists’ Emotional Responses.」2013年、Proceedings of the 44th Annual Conference of Travel and Tourism Research Association (TTRA)(筆頭著者)
  • 「The Relationships among Tourist Novelty, Familiarity, Satisfaction, and Destination Loyalty: Beyond the Novelty-familiarity Continuum.」2012年、International Journal of Marketing Studies(筆頭著者)
  • 「Tourists’ novelty and familiarity: Their effects on satisfaction and destination loyalty.」2012年、Proceedings of the 43rd Annual Conference of Travel and Tourism Research Association (TTRA)(筆頭著者)

講演等

  • 日本学術会議 学術フォーラム「研究者の研究業績はどのように評価されるべきか-経営学における若手研究者の育成と関連して-」(2018年12月)
  • 東京観光財団「観光人材育成研修会」講師(2016-18年度)

公職・委員等

  • 日本観光研究学会 広報・IT委員(2014年度-)

査読貢献

  • 「観光研究」(日本観光研究学会機関誌)

<略歴>

職歴

2009年4月財団法人日本交通公社 研究員
2017年6月公益財団法人日本交通公社 主任研究員

学歴

2009年3月慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了
2018年11月筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士後期課程修了 博士(経営学)

学会

日本観光研究学会、日本国際観光学会、日本マーケティング・サイエンス学会

資格

専門社会調査士

研究員コラム

(最終更新:2019.4.26)