研究体制・研究員一覧

仲 七重

仲 七重(NAKA Nanae)

観光地域研究部 地域戦略室 研究員

専門領域
観光における真正性/満足度調査/観光統計

人は真正性(本物)を求めて旅をすると、観光における一部の真正性研究ではいわれています。ガイドブックにもSNSにもない本物を求め旅をすることは、すべての方に共通するのではないでしょうか。私は香川県小豆島で生まれ、幼いころから観光と密接な環境で育ちました。映画やドラマのロケ地にもなりメディア露出も多い観光地ですが、やはり本物の自然や風景、おいしい料理を求めて多くの旅行者が来訪していると感じます。この仕事を通じて、地域の方々と接しながら各地域の現状や背景を理解し、その地域にしかない真正さを見出すことで観光発展に貢献していきたいと考えています。

主な実績

論文

  • 나카나나에, 이훈. (2020). 한복은 외국인에게 단순한 전통의상인가? -한복 착용 여부에 따른 진정성, 관광행동, 관광만족도 차이분석-. 한국관광학회 국제학술발표대회집, 87권 0호. pp.426-429.
    (仲七重,イ・フン. (2020). 韓服は外国人にとって単なる伝統衣装なのか? -韓服着用有無を基準とした真正性、観光行動、観光満足度の差異分析-. 韓国観光学会 国際学術発表大会集, 87巻 0号. pp.426-429.)

略歴

職歴

2020年11月 公益財団法人日本交通公社 研究員

学歴

2020年2月 漢陽大学校一般大学院社会科学大学観光学科修士課程 修了(観光学)

出身地

香川県

最終更新日: 2021.4.1

この研究員のコラム

小笠原諸島の11年間と今 ―独自調査とコロナ対策から [コラムvol.459]

小笠原諸島の11年間と今 ―独自調査とコロナ対策から [コラムvol.459]

東京・竹芝から船で24時間、太平洋を南下し辿り着くのは、世界自然遺産の島、小笠原諸島です。 大陸と陸続きになったことがない海洋島であるため、独自の進化を遂げた固有種の植物や生物が生息しています。また、ボニンブルーと呼ばれ・・・