研究体制・研究員一覧

安原 有紗

安原 有紗(YASUHARA Arisa)

観光地域研究部 環境計画室 研究員

専門領域
造園学/森林風景計画学/観光・レクリエーション計画

私の地元、広島県には毎年多くの外国人観光客が訪れます。またその多くは欧米客です。彼らはわざわざ遠い外国から来て、何を見て、聞いて、感じて、どんなことを考えて帰っていくのだろうと、子供の頃はどこか不思議に思っていました。大学で地域づくりについて学び、住民と観光客がお互いを理解しつつ心地よく過ごすことができる空間整備のあり方に興味を持ちました。そのような環境を整えることは決して容易ではありませんが、この仕事を通して両者の声を地域づくりの現場に届けていきたいと思います。

主な実績

論文

  • Arisa YASUHARA, Kiyotatsu YAMAMOTO, Akio SHIMOMURA. The Way of Seeing the Atomic Bomb Dome and the Relationship with Viewers’ Attributes. Japan Geoscience Union Meeting 2019 (Chiba, Japan, May 26-30) [2019年5月29日 口頭発表]

略歴

職歴

2020年8月 公益財団法人日本交通公社 研究員

学歴

東京大学大学院農学生命科学研究科森林科学専攻修士課程 修了(農学)

出身地

広島県

最終更新日: 2021.4.1

この研究員のコラム

自然風景地におけるモノのデザイン [コラムvol.447]

自然風景地におけるモノのデザイン [コラムvol.447]

 突然ですが、山や川、海などに出かけると、道沿いのベンチ、ホテルやインフォメーションセンターなどの建築物、資源の解説板や注意標識などをよく見かけます。これらは、初めから自然界に存在するものではなく、誰かが、どこかのタイミ・・・