研究体制・研究員一覧

安原 有紗

安原 有紗(YASUHARA Arisa)

観光地域研究部 地域戦略室 研究員

専門領域
造園学/森林風景計画学/観光・レクリエーション計画

私の地元、広島県には毎年多くの外国人観光客が訪れます。またその多くは欧米客です。彼らはわざわざ遠い外国から来て、何を見て、聞いて、感じて、どんなことを考えて帰っていくのだろうと、子供の頃はどこか不思議に思っていました。大学で地域づくりについて学び、住民と観光客がお互いを理解しつつ心地よく過ごすことができる空間整備のあり方に興味を持ちました。そのような環境を整えることは決して容易ではありませんが、この仕事を通して両者の声を地域づくりの現場に届けていきたいと思います。

主な実績

自主研究

  • 旅行者調査(2020年度-)
  • 2050年脱炭素社会に向けた観光地のあり方研究(2021年度)

受託調査研究

  • 中部山岳国立公園南部地域山岳部における利用者負担制度のあり方検討業務(2021年度:環境省)
  • 国立公園満喫プロジェクト推進業務(2020-21年度:環境省)
  • 来訪者管理モニタリング調査(2021年度:富士山世界文化遺産協議会)
  • 第6次沖縄県観光振興基本計画策定事業委託業務(2021年度:沖縄県)
  • 沖縄県観光統計実態調査(2020-2021年度:沖縄県)
  • 大山隠岐国立公園満喫プロジェクト推進業務(2020年度:環境省)
  • エコツーリズム推進プラットフォーム業務(2020年度:沖縄県)
  • モーリシャスの環境回復・地域貢献に向けた観光分野の貢献に係る提案業務(2020年度:株式会社商船三井)

論文

  • 「口コミの言語解析からみた日本人と外国人の浜離宮恩賜庭園に対する観光体験の相違」(2021年、環境情報科学論文集35,227~232、安原有紗・劉銘)査読付き論文
  • 「原爆ドームへのまなざしと視る主体の属性との関係」(2021年、日本国際観光学会論文集28,51~57、安原有紗)査読付き論文

研究発表

  • 「コロナ禍で自然観光を志向する日本人旅行者の特性に関する基礎的考察」(2021年、森林学会口頭発表、安原有紗・五木田玲子)
  • Arisa YASUHARA, Kiyotatsu YAMAMOTO, Akio SHIMOMURA. The Way of Seeing the Atomic Bomb Dome and the Relationship with Viewers’ Attributes. Japan Geoscience Union Meeting 2019 (Chiba, Japan, May 26-30) [2019年5月29日 口頭発表]

略歴

職歴

2020年4月 公益財団法人日本交通公社 研究員

学歴

東京大学大学院農学生命科学研究科森林科学専攻修士課程 修了(農学)

出身地

広島県

最終更新日: 2022.4.5

この研究員のコラム

山岳利用における「責任ある観光」~北アルプストレイルプログラムより~ [コラムvol.467]

山岳利用における「責任ある観光」~北アルプストレイルプログラムより~ [コラムvol.467]

昨年(2021年)秋、長野県と岐阜県にまたがる北アルプス南部地域で実施された「北アルプストレイルプログラム(利用者参加制度)」に関わる機会がありました。今回は、その機会を通じて考えた、山岳利用と「責任ある観光」、登山者が・・・

自然風景地におけるモノのデザイン [コラムvol.447]

自然風景地におけるモノのデザイン [コラムvol.447]

 突然ですが、山や川、海などに出かけると、道沿いのベンチ、ホテルやインフォメーションセンターなどの建築物、資源の解説板や注意標識などをよく見かけます。これらは、初めから自然界に存在するものではなく、誰かが、どこかのタイミ・・・