• ホーム
  • タグ別アーカイブ:インバウンド

インバウンド :タグ一覧

Duty Freeからみた国際競争力 [コラムvol.186]

 研究調査部 塩谷英生  今年に入ってインバウンド政策についての自主研究をスタートした。  先ずは、海外諸国のインバウンド政策を中期計画を中心にレビューし、政策の類型化から着手したところである。その作業と同時並行で、海外のインバウンド誘致に関わる施策の中から、初年度は免税に関する諸制度を取り上げて比較分析を進めているところだ。  一口に免税と言っても、関税の免税(Duty Fre ...

訪日市場を支えた「家族の絆」 [コラムvol.159]

 研究調査部 川口明子  今年の春節休暇の終盤、成田空港は大勢の中華系観光客で賑わっていました。調査の一環で空港へ定期的に足を運ぶのですが、こんなに賑わう空港を見るのは久しぶりでした。  東日本大震災(以下、「震災」)後は日本を訪れる外国人が大幅に減少しましたが、昨年末には前年の9割近くまで回復。国籍別では中国人の回復が顕著です。今回のコラムでは、この中国人訪日客の震災後の回復過程に ...

旅行市場は震災からいつ立ち直るか [コラムvol.138]

 研究調査部 塩谷英生  はじめに、この度の東北地方太平洋沖地震で被災された皆様方に対して、心よりお見舞いを申し上げる次第です。  今回は食をテーマに原稿を準備していたのですが、3月11日に発生した震災の旅行市場への影響について書かせていただくことに致します。この原稿は、震災発生から2週間を経た25日に東京で書いています。現時点で十分な情報が揃っているわけではありませんが、個人の所見 ...

旅を楽しむ1000の提案 [コラムvol.122]

 研究調査部 渡邉智彦 近年、海外の出版社から、様々な旅の楽しみ方を提案する旅行ガイドがいくつも出版されています。 日本語に翻訳されたものとしては、日経ナショナル・ジオグラフィック社発行の『いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』(イアン・アレクサンダーほか著、2007)、『一生に一度だけの旅 心に響く世界 BEST500』(ジル・アンダーソンほか著、2008)、『一生に ...

インバウンドの受け入れは大丈夫? [コラムvol.118]

 企画課長 牧野博明  国をあげてのインバウンド振興策が進められています。その概要及び課題については、研究員コラムvol.102「訪日外国人旅行者数のさらなる拡大のために」(有馬)に詳細に記述されていますので、そちらをご参照いただければと思いますが、目標達成に向け、観光庁や各地の地方運輸局を中心に、広告宣伝事業(情報発信)や現地旅行会社・メディアの招請事業(招聘ツアー)が目白押しとなっ ...

旅行者の日常をご存じ?~旅行先に求められる生活習慣への対応 [コラムvol.110]

 観光文化事業部 川口明子 ■日常の通勤風景  私は毎日、電車通勤をしています。仕事と子育てに追い回される身にとって、通勤時間は自分のためだけに使えるつかの間の貴重な時間。以前はこの時間に小説やマンガ雑誌を読んでいましたが、最近ではiPhone(アイフォン)片手にTwitter(ツイッター)を楽しむようになりました。  自分と同じ趣味を持つ人々や企業経営者、政治家、ジャーナリスト達 ...

訪日外国人旅行者数のさらなる拡大のために  [コラムvol.102]

 研究調査部 有馬義治 ■「訪日外国人3000万人プログラム第1期(仮称)」の始動  2000年代に入り、わが国ではインバウンド振興を国の主要な観光施策の一つと位置づけ、2003年度から「ビジット・ジャパン・キャンペーン」(VJC)の展開など、官民あげての外国人旅行者誘致に取り組んできました。VJC開始時の数値目標は「2010年までに訪日外国人旅行者数を(当時のほぼ倍の)1 ...