• ホーム
  • タグ別アーカイブ:その他

その他 :タグ一覧

沖縄で台風に当たってしまったら[コラムvol.268]

 観光政策研究部 研究員 川村竜之介 沖縄での台風体験  私は出張で沖縄を訪れることが多くあります。沖縄といえばやはり台風の影響を受けることがしばしばです。特に今夏は、3回あった沖縄出張のうち3回とも台風に当たるという、なかなかの“強運”ぶりを発揮することができました。中でも8月に訪れた石垣島では、“大型で非常に強い勢力”の台風に当たったため、生まれて初めて、本物の大型台風を体験するこ ...

旅行に行きたくなるビジュアルとは[コラムvol.265]

 観光文化研究部 研究員 柿島あかね きれいな景色を見ると旅行に出かけたくなる!  夏休みに日常から離れ、旅行に出かけてリフレッシュされた方も多いのではないかと思います。「旅行に行きたい!」と思う瞬間は人や状況によってもさまざまですが、映像や写真を見て「こんなところに行ってみたい!」と思うことは結構多いのではないでしょうか。その例として、最近書店では世界や日本各地の「絶景」を紹介する本を見 ...

自動車での移動と地図とカーナビ[コラムvol.259]

 観光政策研究部 堀木美告  近年では乗用車への搭載率が7割程度までになったというカーナビ。カーナビの普及によって自動車での移動はどのように変わったのでしょうか。紙媒体の地図とカーナビを比べて考えてみたいと思います。 道路地図とカーナビ  私が自動車の運転免許を取得したのは大学生時代の1990年。カーナビは1980年代から徐々に普及し始めたといいますが、当時私の身の回りにカーナビを装 ...

子育て世代の心をつかむ旅行とは[コラムvol.258]

 観光研究情報室 福永香織  これまで出張やフィールドワークであちこちをかけまわり、ほとんど家にいない日々を送っていましたが、去年の8月に子どもを産んでからは、その生活も一変。家から出られない生活が数ヶ月続きました。しかし、少しずつ子どもも成長し、首がすわるようになってくると、徐々に行動範囲が広がり、ちょっとしたお出かけや旅行にも行けるようになりました。  しかし、子ども連れのお出 ...

“自撮り棒”が観光客同士のコミュニケーションを奪う?[コラムvol.257]

 観光政策研究部 西川亮 急速に流行りだしたセルフィースティック(自撮り棒)  旅が好きな方の中には、写真を撮ったり、カメラそのものが好きな方も多いのではないだろうか。私にとっても旅行とカメラ、写真は切り離せないもので、もう10年以上も続いている唯一といって良い趣味になっている。重くて大きなカメラを2台・3台と持ち込んでヨーロッパを旅したり、ヨーロッパの骨董品屋で60年も前のカメラを買って ...

車いすを降りて、空を飛ぼう[コラムvol.253]

 観光文化研究部 清水雄一 沖縄観光バリアフリーの今  沖縄県は平成19年に全国に先駆けて「沖縄観光バリアフリー宣言」をしています。那覇空港内と国際通りには、「しょうがい者・こうれい者観光案内所(沖縄バリアフリーツアーセンター)」が設置され、誰もが安心して沖縄旅行ができるように、各種情報提供等を行っています。  こうした中、沖縄県では平成24年度~26年度に掛けて、さらなる観 ...

朝ドラ効果の持続性 [コラムvol.250]

 観光文化研究部 主任研究員 五木田玲子 朝ドラを見ると旅行に行きたくなる?  NHK連続テレビ小説(以下、朝ドラ)「まれ」をご覧になっていますか?ドラマの内容はもちろん、能登の美しい里地・里山・里海の自然景観、その自然景観の中で育まれた独自の伝統文化や風習などに心が奪われ、「この場所を訪れてみたい!」という気持ちが湧いていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。  ふりかえってみる ...

地域の姿を「鳥の目」で発信する[コラムvol.248]

 観光文化研究部 主任研究員 菅野正洋 地域のプロモーションビデオ  ここ3~4年ほど、宮城県気仙沼市の唐桑地区に月1~2回の頻度でお邪魔しています。 唐桑地区は三陸復興国立公園内に位置し、リアス海岸と海岸段丘が一体となってつながる景観が特徴のゆるやかな起伏に富んだ半島です。遠洋漁業で栄えた歴史を背景として、漁業に根ざした生活文化が根付く地域でもあり、それらの地域資源(お宝)を活かした観光 ...

位置情報データと観光の最新動向 [コラムvol.242]

 観光政策研究部 主任研究員 相澤美穂子 位置情報データを活用したゲーム「Ingress(イングレス)」  みなさんは「Ingress(イングレス)」というゲームをご存知ですか?  IngressはGPSの位置情報を活用したスマートフォンのゲームです。  ゲームを立ち上げると、地図上に自分の現在地が表れるのと同時に、青や緑の点が画面上に点在している様子が示されます。この点はスタンプラリ ...

観光分野におけるデジタルアーカイブ化に向けた課題 [コラムvol.241]

 観光研究情報室・旅の図書館 主任研究員 渡邉智彦 はじめに  現在、私は、当財団が運営する専門図書館「旅の図書館」に勤務している。日々の業務に取り組むなかで、とくに重要な課題として考えている点は、  ①観光分野における専門図書・資料の分類のあり方(観光学の体系化と不可分の課題)  ②場としての図書館のあり方(その一環として、当館では昨年11月から「たびとしょCafé」を開催している) ...