部門長からのメッセージ

寺崎竜雄 常務理事

寺崎 竜雄常務理事

“タフ”であれ

 わたしたちのコンセプトは「実践的な学術研究者」。

 内外の研究が伝える知見を、観光地という現場にもちこみ、地元の人たちとの協働作業に活かしていく。逆に、観光地づくりの中で得られたデータや経験の中で気づいた法則性を、学会や各種の研究会で報告する。たくさんの本を読み、多くの方と話し、データを収集し、それらを分析して自分の考えをとりまとめ、伝えること。

 わたしたちの仕事は、この繰り返しです。

 この過程で大切にしていることは、現地に出向いて、見て、聞いて、感じて、自ら判断すること。ネットを検索すればさまざまな情報を得ることができますが、本当に価値があるのは自分の足で得た情報と、その経験の蓄積です。

 わたしは若手研究員に、どんどん出て行けと言っています。出張好きな人は喜びそうな話題ですが、年間100日以上も出歩くとなると結構大変です。机に向かう仕事も増えますから。

 ですから、当財団の研究員に大切な資質は、“タフ”であることだと思います。

チャレンジし続ける「実践的学術研究機関」として

 現在、我々は農業革命、産業革命に続く情報革命の真っ只中を生きています。この情報革命においては、モノではなくコト、サービスが経済の根幹的な価値を作り上げていくことになります。

 その中でも、地域に密着し、人と人の交流が付加価値を生み出していく観光・ホスピタリティ産業は、今の時代に対応した地域振興策として、世界中の人々が注目するようになっています。

 しかしながら、2020年に全世界を直撃したCOVID-19、いわゆる新型コロナは、人々の移動や交流を抑制し、様々な問題を生じさせ、従来の常識的な枠組み「パラダイム」を大きく変化させています。全世界の「観光」がリセットボタンを押された今、新しい時代に対応していく「競争」がスタートしています。

 この「競争」に対応していくには、マーケティングやブランディングといった経営学的な分野だけでなく、都市計画や土木、建築、交通、自然環境と言った空間・ハード・コミュニティの世界、さらには文化論や心理学といった多様な知見の総合的な活用が求められます。

 まさに、総力戦であり、その地平は国際的な社会経済の変化によって、常に変化し続けゴールはありません。

 「実践的学術研究機関」として、よりよい観光地とは、観光産業、観光行動とは何か?という問いにチャレンジし続けるのが公益財団法人日本交通公社という組織です。

 世界が注目する「観光」の地平を、一緒に切り開いていこうという志をもった仲間を求めています。

山田雄一 理事/観光研究部長

山田 雄一理事/観光研究部長