働き方改革・休み方改革の実現に向けて「キッズウィーク」への取り組みが広がっています(2019年4月~6月)

働き方改革・休み方改革の実現に向けて「キッズウィーク」への取り組みが広がっています(2019年4月~6月)
  • 研究動向

キッズウィークとは、平成30年度から国が積極的に取り組みを進めている施策で、保護者と子どもが一緒に過ごす機会をつくることを目的に、地域単位で学校休業日を分散したり、働く保護者の有給休暇取得を促進、休日に多様な地域活動を行うなど、地域の官民が一体となって推進する取り組みです。経済産業省は当年度にこうしたキッズウィークの導入に取り組み、検討を進める地域への支援として「キッズウィーク関連調査事業」を実施、当財団はその業務受託機関として1年間、各地の取り組みを深く調査しました。

今回のギャラリー展示では、キッズウィークを導入・検討した各地の事例をご紹介します。

概要

期間 2019年4月~6月
場所 1Fエントランス