機関誌「観光文化」~40年のあゆみ~(2017年1月~3月)

機関誌「観光文化」~40年のあゆみ~(2017年1月~3月)
  • 研究動向

機関誌「観光文化」は財団法人日本交通公社の機関誌として、1976 年 12 月に創刊し、2016 年 12 月に 40 周年を迎えました。

創刊以来、それぞれの時代における観光のトピックを特集テーマに据え、各テーマに造詣の深い有識者の方々からのご寄稿をいただきながら、当財団の研究員も執筆をおこなってきました。

215 号(2012 年 10 月発行)からは、隔月発行から季刊(年4回発行)とし、当財団の研究活動の発表を中心とする内容に刷新しました。
「観光はそれ自体が文化であり、その観光文化を向上させたい」(西尾壽男 元会長)という言葉にもある通り、「観光文化」という言葉には、当時より強い思い入れがありました。

今回は、機関誌「観光文化」の概要をご紹介します。
機関誌「観光文化」として、各時代の観光をどういった視点で捉え、どのようなメッセージを発信してきたのか。各時代の機関誌「観光文化」に再度ご注目いただけましたら幸いです。

概要

期間 2017年1月~3月
場所 1Fエントランス