館内展示

旅の図書館では毎回テーマに沿った館内展示を行なっています。

日本の観光に寄与した外国人

古書ギャラリー

 幕末から明治・大正にかけて、日本の観光は大きく発展していくことになります。それらは、鉄道網の整備や建築技術の進歩、避暑地や温泉地の発展、登山・スキー文化の発達、旅行案内書といったさまざまな分野に及びます。

 そして、このような時代の日本の観光の発展に大きく寄与をしたのが、見知らぬ地・日本にやってきた欧米を中心とした外国人たちでした。彼らはどのような人たちだったのでしょうか?

 極東の小さな島国・日本は、1858年、欧米諸国に向かって国を開き、近代化の道を歩きはじめました。その頃日本にやってきた外国人に多かったのは、主に宣教師や日本の政府、民間商社、学校などに雇われて仕事をした「お雇い外国人」たちでした。なかでも、日本の近代化に不可欠な自然科学とその技術文明の日本への伝播役、ヘルパー役を担った「お雇い外国人(“OYATOI”)」には、鉄道・建築・土木などのインフラストラクチャーの建設、造船・紡績・鉱山などの産業、日本学・医学・地質学・化学などの科学、美術・音楽・文学などの芸術、教育など多分野に及び、その数は1870年代中頃には民間も含め800人を超えるほどでした。その後、外国人に代わることのできる日本人が増えていくにつれてお雇い外国人の数は次第に減っていき、1890年代で“OYATOI”の時代はほぼ終わりを告げます。 

 こうした宣教師やお雇い外国人は、日本の観光発展を目的として来日したわけではありませんが、滞在中の日本各地への旅や日本人との交流等を通して日本への造詣を深め、日本文化・観光的魅力の海外への発信や観光地の発展に大きく寄与していきました。

 本企画展示では、宣教師・お雇い外国人などが活躍した明治・大正から昭和初期に日本で活躍し、インフラ整備や観光地、アクティビティの発展など様々な分野で日本の観光に寄与した外国人8人を取り上げます。

期間 2019年4~6月
場所 1F古書ギャラリー
展示図書一覧
  • 『帝国鉄道年鑑』帝國鐵道協會、1928
  • 『科學新書 鉄道の一般知識』井原豊明、牧書房、1949
  • 『日本の鉄道をつくった人たち』小池滋 青木栄一、悠書館、2010
  • 『日本 タウトの日記1933年~1936年』全5冊、ブルーノ・タウト著 篠田英雄訳、岩波書店、1955~1959
  • 『日本美の再発見』増補改訳版(岩波新書)、ブルーノ・タウト著 篠田英雄訳、岩波書店、1962
  • 『ニッポン(講談社学術文庫)』ブルーノ・タウト著 森トシ郎訳、講談社、2013
  • 『温泉と健康』西川義方、南山堂書店、1932
  • 『ベルツの日記』トルク・ベルツ 編 菅沼竜太郎 訳、岩波書店、1939
  • 『ベルツ博士と群馬の温泉』木暮金太夫 中沢晁三、上毛新聞社、1990
  • 『ベルツ日本文化論集』エルヴィン・ベルツ、東海大学出版会、2001
  • 『軽井沢と附近の名所』泉寅夫、1926
  • 『大軽井澤の誇り草津温泉の誉れ』稲垣虎次郎、稲垣虎次郎、1934
  • Karuizawa Summer residents’association hand book 1936
  • 『軽井沢別荘史 避暑地百年の歩み』宍戸實、住まいの図書館出版局、1987
  • 『軽井沢と避暑』和田博文、ゆまに書房、2009
  • Mountaineering and Exploration in the Japanese Alps Walter Weston著、John Murray、1896
  • 『日本アルプス 登山と探検』ウェストン著、創元社、1953
  • 『ウェストンの明治見聞記 知られざる日本を旅して』W・ウェストン著 長岡祥三訳、新人物往来社、1987
  • 『宣教師ウェストンが観た日本』ウォルター・ウェストン著 山本秀峰訳、露蘭堂、2014
  • 『明治日本の思い出 日本スキーの父の手記』テオドール・エードラー・フォン・レルヒ 中野理訳、中外書房、1970
  • 『スキー発祥 思い出アルバム』レルヒの会・上越総合博物館、ベースボール・マガジン社、1988
  • 『日本スキー事始め レルヒと長岡外史将軍との出会い』長岡忠一、ベースボール・マガジン社、1989
  • A HANDBOOK FOR TRAVELLERS IN CENTRAL &NORTHERN JAPAN、アーネスト・サトウ、アルバート・ホーズ、John Murray、1884
  • 『明治日本旅行案内 上巻・カルチャー編』サトウ・アーネスト 庄田元男 訳、平凡社、1996
  • 『明治日本旅行案内 中巻・ルート編[I]』サトウ・アーネスト 庄田元男 訳、平凡社、1996
  • 『明治日本旅行案内 下巻・ルート編[II]』サトウ・アーネスト 庄田元男 訳、平凡社、1996
  • 『世界漫遊家たちのニッポン -日記と旅行記とガイドブック-』横浜開港資料館、(財)横浜開港資料普及協会、1996
  • 『回顧録』Japan Tourist Bureau、1937
  • 『絵はがきで見る日本近代』富田昭次、青弓社、2005
  • 『日本の近代化とお雇い外国人』村松貞次郎、日立製作所、 1995
  • 『外国人が見た幕末・明治の日本』森田健司、彩図社、 2005
  • 『外国人が見た日本』中公新書、内田宗治、中央公論新社、 2018