館内展示

旅の図書館では毎回テーマに沿った館内展示を行なっています。

日本の観光に寄与した外国人Ⅱ

古書ギャラリー

 幕末から明治・大正にかけての時代は、日本にとって、長い鎖国の時代を経て、多くの外国人の力を借りながら近代化への道を開きながら、広く国際社会に認められていく時代といえます。

 このような時代に主に日本にやってきた外国人には、外交官や宣教師、医師、土木技術者や建築家、日本研究者など様々な人たちがいます。
 なかには、開国当時、日本の政府、民間商社、学校などに雇われて仕事をした「お雇い外国人」も少なくありません。

 こうした外国人たちの中には、本来の仕事や作品を通して日本の国際社会での評価を高めることに大きく貢献した外国人もいれば、日本での滞在中、本来の仕事の傍ら国内各地を旅し、知られざる日本の魅力に触れ、それを著書などを通して世界に紹介する外国人も数多くいました。いずれも、まだ国際社会では十分知られていない日本の魅力を海外に発信し、国際観光の発展に大きな役割を果たしたといえます。

 本企画展では、第8回に続き 「日本の観光に寄与した外国人」として新たに6人を取り上げました。
 特に今回の企画では、日本で最もよく読まれた外国人の紀行『日本奥地紀行』 (原書名:“Unbeatn Tracks in Japan”)で知られる英国人旅行作家イザベラ・バード、近代ツーリズムの創始者であり、外客誘致・斡旋組織がまだない時代の日本への外国人の旅行や日本人の海外旅行の実現に大きな役割を果たしたトーマス・クックを加え、彼らの人物像と当館の蔵書を紹介します。

期間 2019年7~9月
場所 1F古書ギャラリー
展示図書一覧
  • A handbook for travellers in Japan B. H. Chamberlain 著,Kelly & walsh ltd,1891
  • 『チェンバレンの明治旅行案内 東京・横浜編』Basil Hall Chamberlain 著 楠家重敏 訳,新人物往来社,1987
  • 『チェンバレンの琉球・沖縄発見』山口栄鉄 著,芙蓉書房出版,2016
  • 『Nippon「日本」第1巻(ドイツ語版)』フォン・シーボルト 著,Wurzbuug und Leipzig,1897
  • 『シーボルト「日本」 1』中井 晶夫 訳,雄松堂書店,1977
  • 『江戸参府紀行 (東洋文庫)』 Ph. Fr. Von Siebold 著 斎藤信 訳,平凡社,1981
  • The History of the Imperial Hotel Imperial Hotel,1938
  • 『フランク・ロイド・ライト』谷川正己 著,鹿島出版会,1977
  • 『フランク・ロイド・ライトの建築遺産』岡野眞 著,丸善,2005
  • Unbeaten Tracks in Japan Isabella L. bird 著,John Murray,1905
  • 『完訳 日本奥地紀行 (東洋文庫)』 1 ~4 Isabella Bird 著 金坂清則 訳,平凡社,2012~2013
  • 『イザベラ・バード旅の生涯』Olive Checkland 著 川勝貴美 訳.日本経済新聞社,1995
  • 『イザベラ・バードの日本紀行』上・下 イザベラ・バード 著 時岡敬子 訳,講談社,2016
  • 『大君の都 幕末日本滞在記』 上・中・下 オールコック著 山口光朔訳,岩波書店,1966
  • 『富士山に登った外国人 幕末・明治の山旅』山本 秀峰 編 村野克明 訳,露蘭堂,2012
  • 『長崎から江戸へ 1861年日本内地の旅行記録』Rutherford Alcock 著 山本秀峰編訳,露蘭堂,2011
  • Cook’s Traveller’s Handbooks 10.Egypt and the Sudan Thos. Cook & Son,1905
  • Information for travellers landing in Japan Thos. cook & son,1913
  • 『トマス・クック物語 近代ツーリズムの創始者』Brendon Piers 著 石井昭夫 訳,中央公論社,1995
  • 『トーマス・クックの旅 近代ツーリズムの誕生』本城靖久 著,講談社,1996
  • 『外国人が見た幕末・明治の日本』森田健司、彩図社、 2005
  • 『外国人が見た日本』中公新書、内田宗治、中央公論新社、 2018
  • 『ニッポンをみた!?幕末・明治の外国人』横田洋一、金子隆一 監修、馬上弥生 編、財団法人東日本鉄道文化財団、2004
  • 『外国人の発見した日本』石井正己 編、勉誠出版、2018
  • 『異邦人が見た近代日本 特集 (男の隠れ家 2014年12月号)』三栄書房、2014