旅の図書館について

旅の図書館とは

旅の図書館外観

 「旅の図書館」は、観光関連の学術誌や観光統計資料の他、古書・稀覯書、ガイドブック、時刻表、機内誌、観光研究の専門図書、財団の刊行物・出版物など観光研究の参考に資する図書をとりそろえた専門図書館です。

 1978年(昭和53年)、より文化的、専門的な旅行や観光に関する情報をご提供するため、当財団は「観光文化資料館」(1999年に「旅の図書館」に改称)を開設し、多くの方にご利用いただいてまいりました。
 「観光はそれ自体が文化であり、その観光文化を向上させたい」という開設当初の理念を継承しつつ、2016年、移転を機に、「観光の研究や実務に役立つ図書館」をコンセプトとしてリニューアルオープンしました。

 様々な文献から“研究の種”を、多くの参考事例から観光政策や観光地づくりの“現場に活かすヒント”を見つけてください。

旅の図書館3つの特徴

 旅の図書館には以下のような3つの特徴があります。

① 観光の研究や実務に役立つ図書館

観光の研究と実務に役立つ図書館

 新たなコンセプトは「観光の研究と実務に役立つ図書館」です。観光分野の専門図書館として、観光を研究している方・学んでいる方、観光政策の立案、観光産業や観光地の経営や実務に携わっている方、あるいは広く観光に関する動向や歴史に興味をお持ちの方にご利用いただけたらと考えています

 当財団の調査研究部門が活動の中で収集してきた専門性の高い図書や統計、公開可能な調査研究報告書なども蔵書として統合し、蔵書規模は約6万冊となりました。

●国連世界観光機関(UNWTO)の寄託図書館

 当館では、以前より国際観光の動向を把握する文献として、国連世界観光機関(UNWTO)の刊行物を収集してまいりましたが、よりそれらの資料の充実を図ることを目的として「寄託図書館」に申請し、2017年3月に認定されました。

 「寄託図書館」とは、高度な教育機関または科学の分野で認知された機関に属していること、UNWTOの刊行物を収集し、広く公開する図書館であることといった、一定の基準のもとに認定されるものです。

② 独自の図書分類の構築と専門性・希少性の高い蔵書の公開

●独自分類の構築

独自の図書分類の構築

 広範な分野の資料を収蔵する公共図書館や大学図書館における資料・図書の分類は、一般に、日本十進分類法(NDC)を用いていますが、「旅の図書館」はこのたび、専門分野に対応した分類に取り組み、独自に構築しました。

 体系的な分類に適した十進分類法の長所を活かしつつ、観光分野に特化した収蔵資料の特徴に対応するため、観光研究資料(T分類)、財団コレクション資料(F分類)、基礎文献(NDC分類)の3つの分類方法を導入しました。旅の歴史や、社寺、祭り、温泉、民俗学などの基礎資料については、従来のNDC分類を利用しています。

●古書・稀覯書2,300冊の公開

 「旅の図書館」はこれまでも古書や稀覯書を収集し、予約限定で閲覧いただいてきましたが、このたび書誌データを整え専用書架を設置して、来館時の公開性を高めました。

 外国の観光政策を日本語に訳した戦前の本、明治期の日本国内の温泉や観光地の様子を記した文献、あるいは昭和初期の日本の観光魅力を英語で紹介したガイドブックなど、国内外の政府組織や旅行・観光産業界が発行、活用してきた貴重な資料を所蔵しています。

③ 知見やネットワークを共有する観光の研究・情報プラットフォーム

ライブラリーホール

 「日本交通公社ビル」には100名規模のシンポジウムが開催可能な「ライブラリーホール」を設けました。

 図書のある空間の魅力を活かし、書架に隣接したホールや会議室での研究会、シンポジウム、たびとしょCafeなど、観光の研究や実務に携わる皆様が集まり交流できる機会を増やします。当財団の調査研究部門や「旅の図書館」がこれまでに得た知見やネットワークをより多くの皆様と共有し、様々な情報や人との出会いが生まれる場を創出していきます。

 なお、スライディングウォール(移動壁)による柔軟な空間づくりを行い、ホールの一部は通常、「旅の図書館」の閲覧スペースとして来館者にご利用いただいています。

こんな方にオススメ!

 観光の研究や実務に携わる方々を 中心に、どなたでも ご利用いただけます。

  • 観光の研究者(大学教員など)
  • 観光を学ぶ学生
  • 観光の実務者(官公庁・自治体、観光関連団体、観光産業、マスコミ・広告・出版など)
  • 観光に深い興味をお持ちの方
  • 旅行の下調べをしたい方

ご利用実績

ご利用実績