おすすめ図書

旅の図書館おすすめ図書

最近刊行された図書の中から厳選したおすすめ図書をご紹介いたします。
ご来館の際はぜひご一読ください。

MICE入門編 - 日本再興のカギ

(コンベンションリンケージ 編著 ダイヤモンド・ビジネス企画 2021年5月 A5判 272頁)

日本のMICE産業のプロフェッショナル集団による、MICEのグローバル化、DXの推進に対応した入門書。MICE事業に携わる人や学生にオススメ。

 

大宅壮一文庫解体新書 -雑誌図書館の全貌とその研究活用

(阪本博志 著 勉誠出版 2021年5月 A5判 257頁)

雑誌の図書館として唯一無二の存在感を放つ大宅壮一文庫。開設から50年を迎えた文庫の魅力を知り、これから利活用するための一歩として一読してほしい。

 

観光人類学のフィールドワーク-ツーリズム現場の質的調査入門

(市野澤潤平 碇陽子 東賢太朗 著 ミネルヴァ書房 2021年5月 A5判 295頁)

「観光の調査」の具体について主要な概念や理論を踏まえて解説。フィールドワークを通して地域を調べる方法がわかりやすく理解できる。

 

若者と地域観光-大都市のオルタナティブな観光的魅力を探る

(杉本興運 磯野巧 著 ナカニシヤ出版 2021年4月 A5判 227頁)

大都市を軸に展開する観光・レジャーを、若者に特化した視点から捉え直し、オルタナティブな観光的魅力を探る。

 

観光地誌学 - 観光から地域を読み解く

(飯塚遼 菊地俊夫 著 二宮書店 2021年3月 A5判 188頁)

地域の歴史や文化,産業,自然などからそれぞれの地域を理解する。世界の各地域の事象から、ツーリズムの楽しさを通して地域理解をはかることができる学習書。

 

蔵書検索

検索ボックスにキーワード(著者、出版社名)を入力し検索してください。

詳細検索はこちら