旅行動向シンポジウム

 当財団主催「第30回旅行動向シンポジウム」を、10/27(火)・28(水)に開催します。

 今年は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の世界的な大流行により、観光・旅行業界、観光地はかつてない甚大な被害を受けています。
 当財団ではコロナ関連調査の成果を適時公開していますが、今回のシンポジウムでは「コロナ禍における観光」をテーマに、JTBF独自調査や研究成果を活用したうえで、ゲスト講演、対談、討論等を組み込んだ内容で開催します。

※参加お申し込み受付は、当財団賛助会員様は9/23(水)13:00より、一般受付は9/28(月)13:00より開始します。

開催日時 2020年10月27日(火)14:00-17:00
2020年10月28日(水)14:00-17:00
プログラム ■10月27日(火)14:00-17:00 ~インバウンドを中心に

1.コロナ禍の観光の動向を振り返る
今年1月以降のコロナ関連の社会的動向、地方自治体や地域の事業者の観光分野における対応状況などを解説します。

2.インバウンド市場の再始動に向けて
①調査結果の解説、②ゲストとの対談・質疑

JTBF研究員が「DBJ・JTBF アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(2020年度 新型コロナ影響度 特別調査)」の調査結果を解説します。また、「インバウンド市場の再始動に向けて」をテーマに国、地方自治体の取組をご紹介いただき、再始動にあたり注目すべき市場やアプローチ方法等について考えます。

3.コロナ禍に地域を支える観光地の取組み
①導入/事例の概説、②ゲスト講演、③ゲストとの対談・質疑

コロナ禍における観光地の事例等をJTBF研究員が概説するとともに、ゲスト(地方の観光事業者等)の取組や現在の状況をご紹介し、これからの観光地、観光産業のあり方について考えます。


■10月28日(水)14:00-17:00 ~日本人の旅行を中心に

1.コロナ禍の観光の動向を振り返る
今年1月以降のコロナ関連の社会的動向、地方自治体や地域の事業者の観光分野における対応状況などを解説します。

2.コロナ禍における日本人旅行者の動向
①調査結果の解説、②ゲストとの対談・質疑

JTBF研究員が「コロナ禍における日本人旅行者の動向(JTBF旅行者調査結果より)」を解説するとともに、「コロナ禍における旅行市場の動向~変わらないこと・変わること 」をテーマに、ゲストとの対談を行います。

3.過去の経験に学ぶ復興への展望
①ゲスト講演、②ゲストとの対談・質疑

観光を取り巻く様々な困難な状況から、地域はどのように復興に向けて動き出していったのか。過去の実例を踏まえて、JTBF研究員とゲスト(地域関係者)が、今後の展望について考えます。


※プログラムはやむを得ず変更となる場合もございますので、ご了承ください。
募集人数 各日、最大250名
※いずれか1日もしくは両日でもお申し込みいただけます。
参加費 無料
申込方法 ・当財団賛助会員先行受付は9/23(水)13:00より開始します。ご案内状(別途郵送)に記載のIDとパスワードをお手元にご用意ください。
・一般受付は9/28(月)13:00より開始します。

・定員に達し次第締め切らせていただきます。
開催方法 オンライン開催
※会議システムはZoomを利用します。
主催 公益財団法人日本交通公社
お問合せ 公益財団法人日本交通公社 観光文化情報センター (門脇・吉澤)
TEL:03-5770-8360(10:00~17:00)
E-mail:jtbfseminar@jtb.or.jp

お申し込み受付開始まで今しばらくお待ちください


これまでの開催内容(開催日順)