今、求められる“ビジット・デザイニング”(第21回 旅行動向シンポジウム) 2011年度

2011.10.27

今、求められる“ビジット・デザイニング”
~訪れるに値する価値づくりを学ぶ~

市場分析:旅行マーケット最新動向と2012年の展望

ご案内

 は、訪れるに値する価値の創造=“ビジット・デザイニング”です。
 世界的な経済不況、大震災と原発事故・・・観光業界をとりまく環境は決して明るいとはいえませんが、私たちが意識や考え方・行動を変えることで、乗り越えられることがまだまだたくさんあるのです。

 ヒントは、国内旅行、海外旅行、インバウンドの各分野で話題を作り続ける企業経営者の考え方。今年のシンポジウムでは、「新提案 ワールド・サマービレッジ アルプスの古都インスブルック長期滞在の旅」という常識破りの滞在型商品(30日間)を成功させたワールド航空サービスの菊間潤吾社長をお招きし、企画に込めた想いやコンセプトをお聞きしながら、価値創造の知恵と発想の源に迫ります。
 さらには、魅力的なアウトドアアクティビティで若い女性やアジアの富裕層の心を見事に掴んだみなかみ町キャニオンズのマイク・ハリスさんや、竹富島の地域文化を凝縮して体感させる新コンセプトの宿を来夏開業する星野リゾートの星野佳路社長への独占インタビューから、そのユニークな着眼点や創造性に着目し、そこに込められた「訪れるに値する価値」とは何なのか、どのように創り出してきたのか、を探ります。

 全体の解説は、「地球社会を優れたフレンドシップ・アースに変える観光・時代認識が必要」と世界視座と未来構想力を持って熱く語るマーケティング・コンサルタントの谷口正和氏。菊間氏のお話やお二人の事例など手がかりに、谷口氏が提唱するビジット・デザイニングを深掘りします。

 第一部では恒例の、今年の振り返りと2012年のマーケット予測について報告します。

 皆様と新しい意識や考え方を共有する場をつくりたいと思っています。ご参加お待ちしています。

プログラム

13:00 開場
13:30 開会・主催者ご挨拶
  第1部 旅行マーケット最新動向と2012年の展望
 不確定性が急速に高まりつつある世界経済。リーマンショックがマーケットに与えたインパクトを振り返りつつ、今、我々は何を警戒し、どう備えるべきかを考えます。東日本大震災は旅行市場の量的側面より質の面に大きな変化をもたらしました。オンラインシフトや間際化は抗い難い流れです。リーマンショック後に始まった若年層市場における反転上昇の動きは、震災後、一層鮮明になりました。今後、ビジネス環境の変化が加速すると予想される航空、及び空港などの要素も検討しながら、これらが2012年以降の市場をどう変えていくか、中長期的視点を交えて予測します。

◎プレゼンター
◆黒須 宏志 財団法人日本交通公社 主任研究員
14:50 休憩
15:10 第2部 今、求められる“ビジット・デザイニング”
       ~訪れるに値する価値づくりを学ぶ~

 “ビジット”とは、「繰り返し、そこをわざわざ訪問したいという願望の表現」。それには「限られた人生の中で、そこまでたどり着きたいという強い願いを引き起こすような移動デザイン」が必要だと谷口氏は指摘しています。
 菊間氏の「インスブルク滞在30日間」でも、訪問先の町に親しみを覚え、自分の“故郷(My Place)”と感じ、長く滞在したくなるような魅力的な仕掛けや提案が数多くなされています。その中には、ツアー参加客だけでなくインスブルクの人にも一緒に楽しんでもらおうというものまで!
 (株)キャニオンズの代表、マイク・ハリスさんは、水上の自然の価値を再発見し、日本に初めてキャニオニングを導入したのですが、アクティビティの珍しさや魅力だけでなく、それを通して得られる、現代人が心の奥底で求めている達成感や自分が成長した証、自分自身と向き合うこと等といった精神面のアシストが若い女性の心をとらえ、強いリピート欲求を生んでいます。
 このような具体事例から、訪れるに値する価値とその表現方法をトータルで考えるビジット・デザイニングについて理解を深めていきます。


◎ゲスト講師
◆菊間 潤吾 氏
(株)ワールド航空サービス 代表取締役社長
1952年東京生まれ。世界各地をくまなく旅し、新しい旅行のスタイルを提案している、旅のプランナーの第一人者。未知の観光地の開発やテーマ性のある旅行企画など、高品質なツアーを多数催行。「ツアー・オブ・ザ・イヤー」「オーストラリア・ツアー・プランニング・コンテスト」グランプリなど受賞多数。主な著書に『ヨーロッパの田舎』『フランスの美しき村』『イスラムの誘惑』『大人が旅するオーストラリア』『マカオ歴史散歩』など。一般社団法人日本旅行業協会副会長、観光庁「標準旅行業約款の見直しに関する検討委員会」委員など公職歴任。

◆谷口 正和 氏
(株)ジャパンライフデザインシステムズ 代表取締役社長
1942年京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒業。生命、生活、人生の在り方を問う「ライフデザイン」を企業理念とし、地球と個人の時代を見据えて常に次なる価値観のニューモデルを提示し続ける。コンセプト・プロデュースから経営コンサルテーション、企業戦略立案、地域活性計画まで幅広く活動。会員制ワークショップとして、21世紀の新マーケット・パラダイム『文化経済』市場の商業、観光、産業の経営を学ぶ「文化経済研究会」を主宰。立命館大学大学院経営研究科教授、東京都市大学都市生活学部客員教授。主な著書は『日本へ回帰する時代』『世界目線構想力』『京の着眼力』『アート&シティ』『全員がクリエイターになる日~感性市場戦略』『ビジットデザイニング』ほか多数。

◎コーディネーター
小林 英俊  財団法人日本交通公社 常務理事
久保田美穂子 財団法人日本交通公社 主任研究員

17:20 閉会

※登壇者・タイムスケジュールはやむを得ず変更となる場合がございます。

開催日 2011年12月19日(月) 13:30~17:20
募集人数 150名
参加費 一 般  12,000円 賛助会員 10,800円(いずれも消費税込み)
※2名様以上でお申し込みの場合、お2人目からは10,000円でご参加いただけます。 当財団の賛助会員は9,000円になります。
会場 東京・大手町/経団連会館 2階 国際会議場 [地図]
東京都千代田区大手町1-3-2
(JR東京駅下車徒歩7分、メトロ大手町駅下C2b直結)
TEL:03-6741-0222(代表)
主催 財団法人日本交通公社
お問合せ 財団法人日本交通公社 観光文化事業部 岡田・吉澤・久保田

旅行動向シンポジウム バックナンバー