セミナー・シンポジウム

第1回海外旅行マーケットセミナーin大阪 2010年度

2010年7月30日(金)
第1回海外旅行マーケットセミナーin大阪 2010年度

2009年の海外旅行市場では「西高東低」、西日本が首都圏より好調という、今までにない現象が起きました。これは一体何を意味していたのでしょうか?この10年間というもの、海外旅行のマーケットは経験値の高い一部の旅行者層への依存度を高め、その結果、徐々に成長力を失ってきたと考えられます。ところが2009年は、ここしばらく海外から足が遠のいていた”休眠状態の旅行者層”に動きがあったとみられ、2010年に入ってもこの流れは続いていると考えられるのです。西日本を震源地とする市場の変化は停滞したマーケットを変えるものとなるのでしょうか。最新の市場調査データをもとに大胆に予測します。

第1回海外旅行マーケットセミナーin大阪 2010年度の概要

テーマ トレンドの転換点となるか、2010年の海外旅行市場
最新データから次なる成長ステージを予測する
開催日時 2010年7月30日(金) 14:00~16:00
会場 大阪市立難波市民学習センター 講堂 (OCATビル4階)
住 所 大阪市浪速区湊町1-4-1
最寄駅 御堂筋線 四つ橋線 千日前線 なんば駅
JR難波駅 近鉄・南海難波駅
アクセス
主な対象者 旅行会社、航空会社、空港関係者、ツーリズム関連の大学教官、講師、 学生等、海外旅行の動向に関心をお持ちの方ならどなたでも
主催 公益財団法人日本交通公社
協力 日本観光研究学会関西支部、日本国際観光学会、旅行ビジネス研究学会

スケジュール

14:00~15:30 マーケット動向プレゼンテーション
講師 (財)日本交通公社 主任研究員 黒須宏志
※上記講師に加えゲストスピーカーを招く場合があります
(講師略歴)
旅行マーケット分析が専門。JATA経営フォーラム、JATA国際観光会議等での講演、VWC2000万人推進室との共同研究事業やVWC主催イベントでの講演、トラベルジャーナルなど業界誌への寄稿など多数。財団法人日本交通公社発行の年次レポート 『マーケット・インサイト』『旅行者動向』の発行責任者。
同財団主催のシンポジウムのレギュラープレゼンター。
1987年京大卒。
15:30~16:00 Q&A