会長メッセージ

観光文化の振興に貢献する「実践的な学術研究機関」として

suenaga-photo1

 公益財団法人日本交通公社は、1912年(明治45年)3月、当時のインバウンド事業の推進を目的に「ジャパン・ツーリスト・ビューロー」として設立されました。それから半世紀後の1963年(昭和38年)11月に、旅行業をはじめとする営業事業部門(現在の株式会社ジェイティービー)を分離し、観光分野における調査研究専門機関として、調査研究活動、出版やシンポジウムの開催、旅の図書館運営などの事業を進めてまいりました。

 さらに半世紀後、創立から100年を迎えた2012年(平成24年)に、これまでの公益的な活動が認められ公益財団法人に移行しました。公益財団法人への移行にあたり、社会的信頼感と高い競争力を備え、国や地域の諸課題に対する解決力を発揮できる組織として、「旅行・観光分野の実践的な学術研究機関」を目指すビジョンを掲げました。

 2016年(平成28年)には文部科学省から学術研究機関の指定を受けました。今後は研究員のさらなる専門性の向上に取り組むとともに、南青山の「日本交通公社ビル(同年7月竣工)」を拠点にネットワークを構築し、観光研究のプラットフォームとして観光分野やそれ以外の研究者、実践者の方々と積極的に協働し、観光研究の創造的な成果を生み出す「実践的な学術研究機関」となるべく事業を推進してまいります。

 今後も、当財団はわが国の観光研究の進展、観光政策による国家・地域の発展、魅力ある観光地の形成に貢献し、観光文化の振興と豊かな社会の実現に将来に亘って寄与する所存です。

 何卒ご支援・ご協力をお願い申し上げます。

公益財団法人 日本交通公社 会長 末永 安生