活動紹介

No.114 日韓国際観光カンファレンス2021を開催しました

No.114 日韓国際観光カンファレンス2021を開催しました

2021年11月19日(金)、日韓国際観光カンファレンスを開催しました。このカンファレンスは、研究協定を結んでいる韓国文化観光研究院(以下、KCTI)と毎年共催しているものです。新型コロナの影響により、2年連続でのオンライン開催となりました。

当日は両機関の研究員5名による研究発表と質疑応答を行いました。

第1部のテーマは「旅行者調査からみたコロナ禍の旅行市場への影響」です。
昨年度のカンファレンスにおいて、日本と韓国の旅行者動向・意識の共通点と違いについて、共同研究してはどうかという提案がありました。これを受け今年度両機関では、通常の調査に日韓共通設問を加えて調査を行っています。当日は、この調査結果の概要を報告しました。

第2部は「ワークライフバランス」を共通テーマとし、韓国政府の労働者休暇支援事業と日本におけるワーケーションの現状を取り上げました。
韓国からは、休暇取得の促進と地域観光の活性化を目的に、国内旅行の実施に対して政府と企業が旅費を支援する「労働者休暇支援事業」について報告しました。日本からは、コロナ禍における働き方の変化を踏まえ、ワーケーションの実施状況や意識等について報告しました。

研究発表後は、日本人と韓国人とで旅行者動向や意識の違いが生じている要因や、ワークライフバランスと観光をめぐる両国の政策推進の状況等について、質疑応答を行いました。

本カンファレンスの様子は機関誌「観光文化」でも公開予定です。

 

■当日のプログラム

  • 両機関代表の挨拶
  • 発表1. 新型コロナ感染症による韓国人の国内旅行及び海外旅行への影響分析(KCTI)
     制作情報センター統計管理チーム キム・サンテ氏
  • 発表2. コロナ禍における日本人の国内旅行動向・意識(JTBF)
     観光文化振興部 企画室長/上席主任研究員 五木田 玲子
     観光地域研究部 地域戦略室 研究員 仲 七重
  • 発表3. 労働者休暇支援事業の推進状況と政策への示唆(KCTI)
     副研究委員 アン・ヒジャ氏
  • 発表4. 日本におけるワーケーションの現状(JTBF)
     観光地域研究部 地域戦略室長/上席主任研究員 守屋 邦彦
  • ディスカッション