• ホーム
  • タグ別アーカイブ:観光地経営

観光地経営 :タグ一覧

宿泊税の支払い意思を高める一つの視点 [コラムvol.417]

 総務部企画創発課 上席主任研究員 菅野正洋 ザンクト・ガレン(スイス)の公共交通機関乗り放題カード  2019年の9月末から10月初旬にかけて、スイスとイタリアに1週間ほど出張した際、スイス東部にある地方都市ザンクト・ガレン(St.Gallen)に宿泊する機会がありました。  ホテルに宿泊した際、レセプションの方から「Mobility Ticket」と記された名刺大のカードを渡され ...

令和時代の観光地域づくりに向けて [コラムvol.411]

 観光政策研究部長 主席研究員 山田雄一 平成から令和へ  2019年は、元号が平成から令和へと変わる特別な年となった。  観光面では、2016年に成立していた特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)にかかる政令が3月に閣議決定され、各地でIR誘致に向けての動きが活発化する中、秋には2002 FIFAワールドカップ以来となる大型の国際スポーツイベント、ラグビーワールドカップ2019日 ...

旅行年報2019 Annual Report on the Tourism Trends Survey

  日本人や外国人の旅行市場や観光産業、観光地、観光政策などについて、各種統計資料や、当財団が実施した独自の調査結果をもとに、一年の動向を解説しています。発行年月2019年10月判型・ページ数 A4判 220ページ 価格本体価格 2,000円 + 税 ※オンライン書店(Amazon.co.jp)よりPOD版を発行中。 (本書は当サイトでの販売は行っておりません。) PDF形式で ...

温泉地での過ごし方を総合的にデザインする [コラムvol.410]

 観光地域研究部 上席主任研究員 岩崎比奈子  2019年も師走に入りました。冬の寒さが募ってくると、「温かい温泉に浸かりたいなぁ」という声が聞こえてきます。 誰もが「温泉好き」なのだろうか  「寒くなる」と「温かい温泉に浸かりたい」、「まとまった休暇が取れる」と「旅行に出かけて息抜きしたい」、こうした希望を満たしてくれるのが「温泉地へ出かけること」「温泉旅館に泊まること」でしょう。 ...

海外旅行の経験からインバウンド対応を考えると [コラムvol.404]

 観光政策研究部 上席主任研究員 守屋邦彦 はじめに  9月に入り、徐々に夏の雰囲気が薄れてきている感じがしますが、皆さんはこの夏どこかに旅行に出かけたでしょうか。私はこの夏、数年ぶりにプライベートで海外旅行に出かけました。  日ごろ仕事として、日本を訪れる外国人旅行者への対応をどうしていくべきか、国内の地域の方々とお話をしたり現場を見たりする機会があるわけですが、自分が訪問地にとっての ...

「2019年度第1回温泉まちづくり研究会」を開催しました(7月11日)

  7つの温泉地と当財団が共同で研究活動を進めている「温泉まちづくり研究会」。2019年度第1回研究会を7月11日(木)、当財団のライブラリー会議室で開催しました。概要は以下のとおりです。 -------------------------------------------------------------------------------- 【第1部】総会  (1)2018年 ...

「稼げる地域づくり」に向けたDMOの役割 [コラムvol.401]

 観光経済研究部 上席主任研究員 中野文彦 2016年2月に観光地づくり法人(以下、DMO)の登録が開始されてから3年が経過しました。 全国的な取り組みとして拡大を続けるDMOですが、最近の取り組み等から今後の展開について考えてみたいと思います。 あらためて、DMOの目的と役割を考える 観光庁は「世界水準のDMOを2020年までに100組織を形成する」ことを目標に掲げており、「 ...

No.84 財源をテーマに「観光地経営講座」を開催しました

  7月2日(火)・3日(水)の2日間、「自立的な観光地経営に向けた課題に応じた財源確保」をテーマに2019年度観光地経営講座を開催しました。  今回の講座では、改訂した『観光地経営の視点と実践』を元に観光地経営の要諦となる9つの視点や観光財政のあり方などを解説したほか、ビジョンを元に長年にわたって観光推進体制を構築し、国の補助金と独自財源の確保をバランスよくおこないながら観光まちづくりを実 ...

「2018年度第3回温泉まちづくり研究会」を開催しました(3月1日)

  8つの温泉地と当財団が共同で研究活動を進めている「温泉まちづくり研究会」(2008年発足)。2018年度第3回研究会を3月1日(金)、当財団の地下ライブラリー会議室で開催しました。概要は以下のとおりです。 -------------------------------------------------------------------------------- 【開催挨拶】 ...

観光地マーケティングの特徴 [コラムvol.399]

 観光経済研究部 主任研究員 外山昌樹  観光に関わるマーケティングの対象は様々ありますが、筆者が関心を寄せてきたのは、観光地全体をマーケティングの対象とする「観光地マーケティング」です。今回のコラムでは、観光地マーケティングの特徴について考えてみます。 観光地という財の特徴  観光地マーケティングの特徴を明らかにするにあたり、まず、観光地という財自体が持つ特徴を整理したいと思います ...

前のページへ次のページへ