• ホーム
  • タグ別アーカイブ:観光政策

観光政策 :タグ一覧

「2017年度第1回温泉まちづくり研究会」を開催しました(7月27日)

  7つの温泉地と当財団が共同で研究活動を進めている「温泉まちづくり研究会」(2008年発足)。2017年度総会及び第1回研究会を7月27日(木)、当財団の会議室で開催しました。概要は以下の通りです。 開催挨拶  梅川智也(温泉まちづくり研究会 事務局長)  末永安生((公財)日本交通公社 会長)  大西雅之氏(温泉まちづくり研究会 代表) 【第1部】総会    (1)201 ...

第27回 旅行動向シンポジウム

  当財団では今年度も「旅行動向シンポジウム」を開催します。  最新版『旅行年報2017』(10月中旬発行予定)の内容をもとに、「日本人の旅行市場」「訪日外国人(インバウンド)の旅行市場」「観光産業の動き」「観光地の動き」「観光政策の動向」などについて、当財団の独自調査を複数まじえ、執筆した研究員よりご報告いたします。  プログラムなどの詳細は、決まり次第、本ページにてお知らせいたします。 ...

No.58 セミナー「旅行市場の展望と課題とは」で研究員が講演しました

  2017年7月18日(火)、東京商工会議所主催のセミナー「旅行市場の展望と課題とは」(当財団協力)が開催されました。  東京都観光事業審議会 会長 安島 博幸氏の基調講演のあと、当財団からは、五木田主任研究員が「日本人の旅行市場の動向」、川口主任研究員が「訪日外国人の旅行動向」、山田主席研究員が「日本版 DMO の目指すもの」について講演しました。  観光以外の業界の方々の参加が多く、特に ...

B1FメインライブラリーにてDMO関連の図書を展示中です

  旅の図書館のB1Fメインライブラリーでは、2017年7月発行の当財団機関誌「観光文化234号」の特集テーマ「デスティネーション・マネジメントの潮流」に合わせて、観光地の「マネジメント」「マーケティング」「DMO」等の関連図書(当館所蔵資料の一部)を展示中です。  ご来館の際は、ぜひお手にとってご覧ください。(2017年8月末まで展示予定) (2017/7/24)

No.57 平成29年度「観光地経営講座」を開催しました

  7月6日~7日に、「地域における連携のあり方を考える~『パートナーシップ』の構築に向けて~」をテーマに、観光地経営講座を開催しました。  本講座では「パートナーシップ」を、「観光地経営を担う個々の主体が自立して自らの役割を担いつつ相互に連携する関係」と意味づけ、その重要性やパートナーシップの築き方などについて、4つの事例※をご紹介いただく中から示唆を得、各講師を交えて議論を行いました。   ...

地域の実践者から得る示唆と大いなる刺激 [コラムvol.348]

 観光地域研究部 次長 主席研究員 吉澤清良 秋ノ宮温泉郷の現状と地域力ワークスやまもりの取組  過疎化や高齢化が顕著な農山村においても、旅行者の価値観の変化などを背景に、農山村の風景や農業、田舎の暮らしそのものを活かした取り組みが、さらに進展しつつある。当財団機関誌「観光文化232号」(2017年1月発行)では、責任者を務めて、「地方創生時代における農山村と観光」を特集したが、その一例と ...

台湾南部(高雄、墾丁、屏東)を訪れて [コラムvol.346]

 観光政策研究部 主任研究員 守屋邦彦  先月、台湾の南部エリアを訪れる機会があった。訪問の主たる目的は、高雄の国立台湾応用科技大学にて開催された「台日地方観光論壇」において、「日本における観光による地方創生の現状」と題した発表をするためであった(同論壇の概要はフォトレポートNo.54を参照)が、今回のコラムでは、現地を訪れたりお会いした方々と交流したりしたことにより得られた気づきをお伝えし ...

No.54 「台日地方観光論壇」(4/20、高雄)にて発表を行いました

  高雄の国立台湾応用科技大学にて「台日地方観光論壇」が開催され、当財団からは守屋主任研究員が「日本における観光による地方創生の現状」と題して発表を行いました。  高雄は台湾の南部に位置する台湾第2の都市ですが、最も大きい台北に比べると地方部ということもあり、観光による地域の活性化が重要なテーマとなっています。こうした状況から、現在日本で取り組まれている「地方創生」への関心が高く、地方における観 ...

平成29年度「観光地経営講座」開催(7/6(木)・7(金))

 【平成29年度観光地経営講座 開催案内チラシPDF版】  公益財団法人日本交通公社は、長年、主に自治体で観光・地域振興に携わる方々を対象に、「観光基礎講座」「観光実践講座」を開催してまいりましたが、平成26年度より両講座を統合し、「観光地経営講座」を開催しております。  本講座は、時季に合ったテーマについて外部講師を招聘し、当財団の研究員が講師の方々の知見を引き出しながら受講者の皆様 ...

No.53 鳥羽市温泉振興会の10周年記念式典に参加しました

  当財団が事務局をつとめる「温泉まちづくり研究会」の会員温泉地である三重県鳥羽市では、温泉旅館52軒で構成する「鳥羽市温泉振興会」があります。  4月10日、同会の設立10周年を記念した式典が鳥羽国際ホテルで開催され、「温泉まちづくり研究会」の事務局長である梅川が参加しました。  鳥羽市が入湯税を徴収し始めたのが2007年4月。目的税でありながら一般財源化されている多くの温泉地の実態など ...

前のページへ次のページへ