• ホーム
  • タグ別アーカイブ:観光統計

観光統計 :タグ一覧

第27回 旅行動向シンポジウム

  当財団では今年度も「旅行動向シンポジウム」を開催します。  最新版『旅行年報2017』(10月中旬発行予定)の内容をもとに、「日本人の旅行市場」「訪日外国人(インバウンド)の旅行市場」「観光産業の動き」「観光地の動き」「観光政策の動向」などについて、当財団の独自調査を複数まじえ、執筆した研究員よりご報告いたします。  プログラムなどの詳細は、決まり次第、本ページにてお知らせいたします。 ...

No.58 セミナー「旅行市場の展望と課題とは」で研究員が講演しました

  2017年7月18日(火)、東京商工会議所主催のセミナー「旅行市場の展望と課題とは」(当財団協力)が開催されました。  東京都観光事業審議会 会長 安島 博幸氏の基調講演のあと、当財団からは、五木田主任研究員が「日本人の旅行市場の動向」、川口主任研究員が「訪日外国人の旅行動向」、山田主席研究員が「日本版 DMO の目指すもの」について講演しました。  観光以外の業界の方々の参加が多く、特に ...

台湾南部(高雄、墾丁、屏東)を訪れて [コラムvol.346]

 観光政策研究部 主任研究員 守屋邦彦  先月、台湾の南部エリアを訪れる機会があった。訪問の主たる目的は、高雄の国立台湾応用科技大学にて開催された「台日地方観光論壇」において、「日本における観光による地方創生の現状」と題した発表をするためであった(同論壇の概要はフォトレポートNo.54を参照)が、今回のコラムでは、現地を訪れたりお会いした方々と交流したりしたことにより得られた気づきをお伝えし ...

国立公園に関する旅行意識 ~JTBF旅行意識調査トピックス~

 当財団では、日本人の旅行意識に関する調査を毎年実施し、その結果の一部は、10月発行の「旅行年報」に掲載しています。 今回は、調査結果の中から、2016年3月に政府がとりまとめた『明日の日本を支える観光ビジョン』の中で活用が促されている国立公園をとりあげます。 国民の約6割、国立公園を訪問したい 参加したい旅行について尋ねたところ、 「日本の国立公園を訪れる旅行」への参加 ...

外国人の訪日旅行頻度はどのくらい? [コラムvol.334]

 観光経済研究部 主任研究員 川口 明子 訪日外客数はなぜ急増した?訪日旅行頻度に着目  2014年以降の訪日外客数の伸びは目を見張るものがあります。人口規模が圧倒的に多く、かつ海外旅行市場の成長期にあった中国の伸びはまだ理解できます。しかし、韓国や台湾、香港といった、訪日リピーター比率が高く既に成熟期を迎えていた国・地域からの訪日外客数がさらにこれほど伸びるとは、少なくとも10年前には思 ...

No.47 日韓国際観光カンファレンス2016を開催しました

  2016年11月24日(木)、「日韓国際観光カンファレンス2016」を開催しました。  韓国文化観光研究院(以下、KCTI)とは2005年に研究協定を締結し、2014年には3期目となるMOUを結びました。以来、交互に開催地をかえて研究交流会を開催してきましたが、今年は移転後初めてとなる当財団(以下、JTBF)での開催となりました。  第1部は公開とし、JTBFとKCTIの研究員以外 ...

No.46 第26回旅行動向シンポジウムを開催しました

  11月1日(火)・2日(水)に26回目となる旅行動向シンポジウムを開催しました。 今年は初めて2日間に渡る開催としましたが、定員を大幅に超える約200人(両日延べ)の方にご参加いただき、昨年同様、観光に対する注目度の高さと拡がりがうかがえました。  1日目の旅行市場編は、「日本人の旅行市場」「観光産業の動き」、訪日外国人の旅行市場の「2015年総括と2016年最新動向」「外国人の訪日旅 ...

旅行年報2016 Annual Report on the Tourism Trends Survey

  観光を取り巻く旅行市場や観光産業、観光地、観光政策などに関する各種統計資料や、当財団が実施した独自の調査結果をもとに、一年の動向を解説しています。 2014年発行分からは、これまで発行してきた『旅行者動向』、『Market Insight』で取り扱っていた日本人の国内旅行や海外旅行に関する意識調査結果を組み込んだ形でリニューアルを行いました。 発行年月2016 ...

定住人口+観光客数=滞在人口の大きさを探る [コラムvol.320]

 観光政策研究部 研究員 西川亮 1.観光地の「滞在人口」を捉える  観光客の与える地域への経済的な影響の大きさから、「交流人口の拡大が定住人口●●人に相当する」という捉え方がなされるように、一般的に観光客は交流人口と呼ばれ、定住人口と対比して捉えられます。しかし、当然ながら観光客の与える地域への影響は経済的な面に止まりません。市街地の利用にもまた影響を与えるのです。  昼間人口、夜間人 ...

第26回 旅行動向シンポジウム

 観光研究、観光行政、観光事業に関わる皆様へ 【開催案内 PDF版】  2016年10月発行の最新版『旅行年報』の内容をもとに、「日本人の旅行市場」「観光産業・観光地の動き」「観光政策」「訪日外国人(インバウンド)の旅行市場」の動向について、当財団の独自調査結果も複数まじえ、執筆した研究員よりご報告いたします。  なお、本年はインバウンドや観光政策に関する独自調査に加え、ニセコ ...

前のページへ次のページへ