歩く (観光文化 177号)

2006.05.23

観光文化177

歩く ・・・五感で楽しむ観光と出会い
発行年月
2006年5月
判型・ページ数
B5判・32ページ
価格
本体価格 1,400円 + 税

巻頭言 足が文化をつくる 海野 弘 

私は歩くことが好きだ。はじめは健康のために歩いていたが、そのうちに、歩くといろいろな発見があることに気づいた。
  たとえば、先日、私は松江に旅した。ここにあるルイス・コンフォート・ティファニーの美術館を見に行ったのである。19世紀末のアール・ヌーヴォー・ガラスの作家で、その名からわかるように、ニューヨークの有名な宝飾店の息子であった。
  美術館を見てから、松江の町を歩いた。松江といえば小泉八雲が住んだ地である。彼の 旧居を訪ねたりしているうちに、私は面白いことに気づいた。ティファニーと八雲は同じころにニューヨークにいたのだ。19世紀末にアメリカで、日本文化へのあこがれ〈ジャポニズム〉があり、二人は共に、日本に魅せられた。ティファニーは日本美術に影響を受けてアール・ヌーヴォー・ガラスをつくり、八雲は自ら日本に赴き、松江に住んだのである。
  そして今、八雲の町、松江にティファニー美術館ができた。面白い縁である。私はこれまで、二人を別々に知っていたのだが、松江にやってきて、この町を歩いたことで、二人の結びつきを見つけたのであった。

  私たちは、視覚的なものが非常に発達した時代にいる。座っていても、世界中の映像が入ってくる。視覚性、ヴィジュアルがなにより重視される。〈観光〉といったことばも、観が入っている。だが、観という字に、見るという字が入っていることに注目してほしい。目の下になにかついている。これは足なのである。つまり〈見る〉は、目に足が伴っていなければならない、という意味ではないだろうか。
  私たちは、あまりに目だけで見るようになっているのではないだろうか。しかし本来見るとは、現地に足を運んで、自分の目によって見ることなのではないだろうか。私はそう思って『足が未来をつくる・・〈視覚の帝国〉から〈足の文化〉へ』(洋泉社新書、2004年)という本を書いた。見ることは、目と足の共同作業なのだ。なにかを本当に見ること、知ること、そしてそれを記録することは、そこまではるばる自分の足を運んで、訪ねなければならないのだ。その映像だけを座っていて呼び寄せているだけでは、だれかの見たものを見ているだけなのである。
  私たちは歩いていかなければならない。自分で歩いていって、はじめて人間は親しい友を得るのであり、そこに文化が生まれるのだ。

(うんの ひろし)

  • 観光文化 177号
  • 巻頭言
    足が文化をつくる 海野 弘
  • 特集1 歩きたくなるみち・まちづくり ・・・日本列島丸ごと会場「くに歩き」博による「感幸地」おこし 村山友宏
  • 特集2 「長崎さるく博」への誘い 茶谷幸治
  • 特集3 原風景を訪ねる旅が育んだこと 川上嘉彦
  • 特集4 「ぶらり街さんぽ」の魅力 ・・・東京近郊の「生活」を観光する 井上理恵
  • 特集5 食・温泉とウォークで健康づくり・・福島県・岳温泉 鈴木安一
  • 連載
    連載I あの町この町 第15回  瓦の夢・・島根県・江津市 池内 紀 
  • 連載II 英国物語17(最終回)  英国の春を彩る行事の数々 長谷川 洋子
  • 連載IIIホスピタリティの手触り36 「執事喫茶」とホテル 山口由美
  • 新着図書紹介

機関誌「観光文化」 バックナンバー