観光と社会の潮流

発行年順一覧

2021年度観光地経営講座講義録 観光地の“強さ”とは何か? ~経験価値に立脚する原点回帰の観光地経営~

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

本書は、2021年7⽉9⽇(金)・19⽇(月)の2⽇間にわたり開催した「観光地経営講座」の中から、4つのオンライン講義と、軽井沢現地研修でのオリエンテーションとグループワークの内容をまとめた講義録です。 今回の講座では、・・・

東日本大震災から10年~被災地の観光復興の今、伝えたい想い~(観光文化 249号)

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

当財団は、この10年間、東日本大震災の発生直後より直接・間接的に被災地に関わり続けてきた。 震災から5年の節目には、「観光文化229号(2016年4月号)」において、復興の現場で活動する方々の声を通して観光の意義と可能性・・・

現場に問う、新たな市場の展望~コロナ禍での現状と課題Part3~(観光文化 248号)

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

登山・トレッキングやグランピング、分散型ホテルなど、3密を回避しながら楽しむ旅行スタイルやレジャーが注目を集めています。オンラインツアーやワーケーション、ホテルステイなども認知されるようになってきました。 今号では、コロ・・・

現場に学ぶ、コロナ禍を生き抜く視点~コロナ禍での現状と課題Part2~(観光文化 247号)

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

2019年に発生した「COVID-19」(新型コロナウイルス感染症)は、瞬く間に世界中に拡散し、今もなお多くの国々が深刻な事態に見舞われています。そして、このコロナ禍により、日本をはじめ世界中の多くの観光関係者も、かつて・・・

2020年度観光地経営講座講義録 観光地マネジメントとしての危機管理

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

 本書は、2020年7⽉14⽇(⽕)・21⽇(⽕)の2⽇間にわたりオンラインで開催した『観光地経営講座』の中から5つの講義内容とグループワークの内容をまとめた講義録です。  本講座は、半世紀にわたる当財団の調査・研究事業・・・

現場で語る、持続可能な観光の本質~コロナ禍での現状と課題~(観光文化 246号)

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

2019年、中国・武漢市で報告された原因不明の肺炎は、「COVID-19」(新型コロナウイルス感染症)と名付けられ、今や世界中に拡散。我が国でも3月下旬以降の感染者が急増し、世界的な大流行にあって「東京オリンピック・パラ・・・

温泉まちづくり 2019年度温泉まちづくり研究会 総括レポート

定価1,650円(本体1,500円 + 税)

 本書は2019年度に「温泉まちづくり研究会」にて議論を行った結果をとりまとめたものであり、よりよい温泉まちづくりに向け、全国の温泉地の方々が具体的なアクションを起こすヒントになる一冊です。  「温泉まちづくり研究会」は・・・

株式会社型DMOという挑戦(観光文化 244号)

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

DMOは、地方創生、特に観光振興による地域経済の活性化への期待を背景に、全国的な展開を見せている。大半のDMOは、非営利法人として公益的な役割を果たすことによって、地域活性化に貢献することを目指している。 しかし、少数で・・・

観光と図書館~地域の観光に図書館はどう寄与できるか~(観光文化 243号)

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

図書館は、最も多くの利用がある公共施設のひとつだと言われています。皆さんもお住まいの地域の図書館に、一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。 多くの方々で賑わう図書館には、様々な種類の書籍や資料等が所蔵されていますが・・・

多様化するビジネストラベル(観光文化 242号)

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

 近年、業務を目的とした旅行に休暇を組み合わせる〝ブリージャー(Bleisure)〞、休暇を目的とした旅行に業務を組み合わせる〝ワーケーション(Workation)〞、更には特定の拠点を持たずに国内外を移動し暮らしつつ仕・・・

観光客急増で問われる地域の〝意思〞(観光文化 240号)

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

 世界的規模で旅行者が急増する中、一部の地域では、許容範囲を超えた観光客の来訪および行動による生活・商環境の悪化や観光客の体験の質の低下などが確認されている。今後も環境変化が見込まれる中において、観光を我が国の成長を支え・・・

温泉まちづくり 2017年度温泉まちづくり研究会 総括レポート

定価1,650円(本体1,500円 + 税)

 本書は2017年度に「温泉まちづくり研究会」にて議論を行った結果をとりまとめたものであり、よりよい温泉まちづくりに向け、全国の温泉地の方々が具体的なアクションを起こすヒントになる一冊です。  「温泉まちづくり研究会」は・・・