地元力 (観光文化 181号)

2007.01.23

観光文化

地元力・・・地域を支えるその実力と可能性

全国各地で観光振興の取り組みが展開されているが、地域内外の人たちの支持を得ながら、まちが持続的に
発展するためには「地元力」が欠かせないといわれています。そもそも地元力とは何なのか。いかに力を引き出し、
それをどのように発展するのか。今号は、地域を支える原動力「地元力」に焦点をあててみます。

発行年月
2007年1月
判型・ページ数
B5判・32ページ
価格
本体価格 1,400円 + 税

【181号 PDF版】
PDF版の転載はご遠慮ください。

巻頭言  地元力 茶谷幸治 P1

 「地元」には不思議な行動力があった。鎮守社の御輿を担いだり、巡礼者をご接待した り、朽ちた木橋を架け替えたり、ときには一揆を決起した。
昨年、春から秋まで実施された「長崎さるく博」は、まちをぶらぶら歩く(長崎言葉で 「さるく」)という、ただそれだけの博覧会だったが700万人もの人々が長崎を歩いた 。地元の人々が率先して案内したり、まちを挙げてご接待したのが喜ばれたらしい。 長崎では地元民をジゲモンといい、そのなかにノボセモンという血気盛んなリーダーが 何人もいて、いまでも地元力を発揮している。旧正月のランタン祭りから重陽のおくんち に至るまで、まちなかの大小の行事はジゲモンがやり、ノボセモンが引っ張っている。「 まち歩き」もそのようにやった。
  「さるく博」では100名近いノボセモン(市民プロデューサーと呼んだ)が結集し、 400名の案内役(ガイド)が4700回のツアーを引き受け、市民劇団がまちなかに繰 り出して演技を披露し、商店は来訪者に「さるきよっとですか」と声をかけ、市民は接待 所を設けて湯茶をふるまい、総数延べ3万人の地元力がこの博覧会を成功させた。
  地元力は、土地に沁み込んだ先人たちの気魂が磁力を発し、ジゲモンがそれに感応して 生じるのであろう。その地に腹ばいになったり、自分の足で歩きまわると強く感応するら しい。その所為か、「さるく博」で自分のまちを歩きまわって、長崎の地に感応して地元力を得たジゲモンがわんさと増えた。長崎には、いま、地元力の分厚い層ができている。 ジゲモンのほかにも長崎に十数回通って歩きまわり、長崎に感応してしまったヨソモンも 数多く現れた。地元力の他国応援団である。

 近頃は、都市に高層ビルが建ち、道路がアスファルトに蔽われて、人々は土地の磁力に 感応しにくくなっている。いままで都市の近代化は地元力を無視することで促進されてき た。多様性の上に成り立っている地元力は非効率な存在なのだ。しかし、地元力が失われ ると、まちは行動力を失くして急速に衰微する。この事態はすでに多くの都市で進行して いる。 これをなんとか食い止めるには「まち歩き」が有効だと、わかってきた。

(「長崎さるく博’06」コーディネート・プロデューサー)

  • 観光文化 181号
  • 巻頭言
    地元力 茶谷幸治 P1
  • 特集1 地元力と観光振興 下平尾 勲 P2
  • 特集2 村上町屋再生の軌跡 ・・・その歩みと地域活性化の挑戦 吉川真嗣 P6
  • 特集3 取手アートプロジェクト(TAP) ・・・アートで引き出す・アートを支える「地元力」 渡辺好明 P10
  • 特集4 文化財と博物館と観光と 三輪嘉六 P14
  • 連載
    連載I あの町この町 第19回  道徳門と経済門・・・静岡県・掛川市 池内 紀 P18
  • 連載II 岩倉使節団に嵌まって30年 第4回 次々と著作、そして「国際シンポジウム」の開催  泉 三郎 P24
  • 連載III ホスピタリティの手触り40 「ハウ・アー・ユー」の文化 山口由美 P26
  • 視点  ミャオ族の村で学んだこと ・・・コミュニティに根ざした観光のあり方とは 黒須宏志 P28
  • 新着図書紹介

機関誌「観光文化」 バックナンバー