小笠原観光 (観光文化 214号)

2012.07.20

観光文化214

特集  小笠原観光
 

しま人が笑顔で暮らす島。訪れる人を心のそこから魅了する島。その魅力の源泉とは?
小笠原らしさを継承していくための、保全と利用のバランスにも注目が集まっています。
小笠原は観光文化の本質に多くの示唆を与えているような気がします。
今号は、小笠原を愛してやまない小笠原島民と小笠原ファンを代表して、九名の方が小笠原への思いを語り、小笠原にふさわしい観光を展望してくださいました。

発行年月
2012年7月
判型・ページ数
B5判・38ぺージ
価格
本体価格 1,400円 + 税

※オンライン書店(Amazon.co.jp)にてPOD版を発行中。
  (本書は当サイトでの販売は行っておりません。)
※年間定期購読はこちら

PDF版】 目次をクリックするとご覧いただけます。
 ※ PDF版の転載はご遠慮ください。

機関誌「観光文化」 バックナンバー