「観光の研究と実務に役立つ図書館」を目指して (観光文化 231号)

2016.10.12

観光文化2016年10月・231号

特集 「観光の研究と実務に役立つ図書館」を目指して


 「旅の図書館」は、2015年(平成27年)10月1日から約1年間の閉館期間を経て2016年(平成28年)10月3日、東京駅八重洲口から港区南青山へと場所を移してリニューアル開館しました。本年7月に落成しました南青山の「日本交通公社ビル」内に開館し、当財団の調査研究部門とともに、これまで以上に専門性を高めて新たな機能の発揮に取り組みます。本特集は移転後最初の発刊になりますことから、「旅の図書館リニューアル開館記念号」としました。このたびの移転・リニューアルに込めた想いと新しい「旅の図書館」の特徴をまとめたほか、一度は読みたい観光研究書&実務書100冊、地域をつなぐ図書館、旅の本のレジェンド30選など、本や図書館に関連する特集となっています。

発行年月
2016年10月
判型・ページ数
A4判 58ページ
価格
本体価格 1,000円 + 税

※オンライン書店(Amazon.co.jp)にてPOD版を発行中。
  (本書は当サイトでの販売は行っておりません。)
※年間定期購読はこちら

PDF版】 目次をクリックするとご覧いただけます。
 ※ PDF版の転載はご遠慮ください。

観光文化231号(2016年10月)・電子版(PDF版)

観光文化 231号(全ページ)

目次

ごあいさつ事務所移転と「旅の図書館」リニューアルにあたりまして 志賀 典人

特集 「観光の研究と実務に役立つ図書館」を目指して

特集1新しい「旅の図書館」のご案内 久保田 美穂子
特集2「旅の図書館」蔵書の紹介 大隅 一志
コラム 「観光イメージを記憶する印刷メディア」 木田 拓也
コラム 旅の図書館への期待 ―観光研究者の立場から 大野 正人
特集3
公益財団法人日本交通公社がお薦めする「一度は読みたい観光研究書&実務書100冊」 大隅 一志
講評の会―選定にあたって 溝尾 良隆/梅川 智也/久保田 美穂子/大隅 一志
特集4人と情報、地域をつなぐ図書館 ―図書館との連携で広がる観光まちづくりの可能性 福永 香織
特集5旅心を誘う、旅の本のレジェンド30選 荒木 左地男
特集あとがき 久保田 美穂子
観光研究レビュー
JTBFモバイル観光客アンケートによる地域の健康診断の実践
中島 泰
活動報告「平成28年度観光地経営講座」を開催 岩崎 比奈子

連載

連載Ⅰ私の研究と観光 第6回
自然保護地域における保全と利用
熊谷 嘉隆
連載Ⅱわたしの1冊 第6回
『津軽』太宰治著
根本 敏則
出版物のご案内・当財団からのおしらせ

 

機関誌「観光文化」 バックナンバー

関連するタグ: