デスティネーション・マネジメントの潮流 (観光文化 234号)

2017.07.10

観光文化2017年7月・234号

特集 デスティネーション・マネジメントの潮流


 DMOはデスティネーション・マネジメント(Destination Management)およびデスティネーション・マーケティング(Destination Marketing)を担う組織とされ、観光による地域振興の司令塔として期待されている。
 もともと、マネジメントもマーケティングも企業経営用語であるが、地域を企業に置き換えれば解るようにマネジメント(経営・管理)あってのマーケティングである。
 しかしながら、デスティネーション・マネジメントの概念の誕生や変遷については、必ずしも共通の理解となっていない。
 そこで、本概念の定義や実態について、学術面、実践面の両面から整理を行い、わが国における展開と方向について検討してみる。

発行年月
2017年7月
判型・ページ数
A4判 58ページ
価格
本体価格 1,000円 + 税

※オンライン書店(Amazon.co.jp)にてPOD版を発行予定。
  (本書は当サイトでの販売は行っておりません。)
「観光文化」年間定期購読はこちら

PDF版】 目次をクリックするとご覧いただけます。
 ※ PDF版の転載はご遠慮ください。

観光文化234号(2017年7月)・電子版(PDF版)

観光文化 234号(全ページ)

表紙・巻頭言・目次

表紙
巻頭言観光地には「稼ぐ力」と「持続可能な運営力」の総合力強化が必要 下地 芳郎
目次

特集 デスティネーション・マネジメントの潮流

特集1海外の学術研究分野におけるデスティネーション・マネジメントの概念の変遷
菅野 正洋
特集2観光需要とデスティネーション・マネジメント
牧野 博明
特集3MICEとデスティネーション・マネジメント
守屋 邦彦
特集4コミュニティとデスティネーション・マネジメント 岩崎 比奈子
特集5米国におけるデスティネーション・マネジメント制度 John Lambeth
特集6我が国におけるエリアマネジメント制度の進展と今後の課題 保井 美樹
特集テーマからの視座
デスティネーション・マネジメントの理想と実践での現実
山田 雄一
観光研究レビュー1
観光資源の評価に関する研究 ~“特別地域観光資源”の魅力と評価について
門脇 茉海
活動報告
第8回たびとしょCafeを開催
福永 香織

連載

連載Ⅰ私の研究と観光 第9回
観光と農村再生論
小田切 徳美
連載Ⅱわたしの1冊 第9回
『ローマ人の物語』塩野七生著 新潮文庫全43巻
熊谷 嘉隆
当財団からのお知らせ/「研究員コラム」の紹介

 

機関誌「観光文化」 バックナンバー