平成29年度「観光地経営講座」開催(7/6(木)・7(金))

 公益財団法人日本交通公社は、長年、主に自治体で観光・地域振興に携わる方々を対象に、「観光基礎講座」「観光実践講座」を開催してまいりましたが、平成26年度より両講座を統合し、「観光地経営講座」を開催しております。

 本講座は、時季に合ったテーマについて外部講師を招聘し、当財団の研究員が講師の方々の知見を引き出しながら受講者の皆様とも議論して、より理解を深めるスタイルにて開催いたします。
 今年度は、「連携」を取り上げます。

 昨今、「日本版DMO」の設立準備にみられるように“組織づくり”に注目が集まっていますが、それに加えて、地域内もしくは地域や業界を越えて、あるいは観光のテーマや分野(例:温泉、スキー等)で方向性を同じくする主体同士が強固な連携関係を築くことが、「観光地経営」の視点からも重要です。

 本講座では、観光地経営を担う個々の主体が自立して自らの役割を担いつつ相互に連携する関係を「パートナーシップ」と表現して、その重要性について解説し、地域の誰と、どのようなパートナーシップを築いていくべきか、ご自身の地域における連携のあり方を検討するにあたって、今後の具体的なアクションにつながるヒントを得られる場となることを目指しております。

 観光行政のご担当者、観光関連団体、商工会議のご関係者など、観光による地域振興に取り組む皆様のご参加をお待ちしております。

テーマ 「地域における連携のあり方を考える~「パートナーシップ」の構築に向けて」
開催日時 平成29年7月6日(木)10:30~ 7日(金)16:45(予定)
会  場 公益財団法人日本交通公社 ライブラリー会議室
東京都港区南青山二丁目7番29号 日本交通公社ビル
青山一丁目駅 1番出口もしくは5番出口から徒歩3分
主な対象者 観光による地域振興に携わる地方自治体のご担当者
観光関連事業・商工会議所などのご関係者
募集人数 30名(お申し込み順) 
受 講 料 2日間 20,000円(税込み)
※当財団賛助会員は14,000円
※テキストである『観光地経営の視点と実践』(丸善出版)の代金を含んでおります。
主  催 公益財団法人日本交通公社
お問い合わせ 公益財団法人日本交通公社 観光政策研究部 高橋・岩崎
〒107-0062 東京都港区南青山二丁目7番29号 日本交通公社ビル
 TEL:03-5770-8430、FAX:03-5770-8359
 E-mail:jtbfseminar@jtb.or.jp
お申込み方法 以下の申し込みフォームからお申込み下さい。
お申込み締切日 6月28日(水)
※定員に達し次第、締め切りとさせていただきますのでご了承ください。

講義スケジュール

7月6日(木)

10:30 開講 (開場 10:00)
<第1部> 観光地経営とパートナーシップのあり方
◆講義1.観光地経営の要諦となる8つの視点
     講師:梅川智也((公財)日本交通公社 理事・観光政策研究部長)
◆講義2.観光地における「パートナーシップ構築」の重要性
     講師:山田 雄一((公財)日本交通公社 主席研究員)
<第2部> 様々な連携の事例とパートナーシップ
◆講義3.事例1.「広域、行政主導で進める」連携のあり方~長野県飯山市

     講師:大西 宏志 氏 (一般社団法人信州いいやま観光局)
     コメンテーター:守屋 邦彦 ((公財)日本交通公社 主任研究員)

7月7日(金)

◆講義4.事例2.「漁業×観光、官民で進める」連携のあり方~三重県鳥羽市
     講師:高浪 七重 氏 (鳥羽市観光課 課長補佐)
     コメンテーター:菅野 正洋 ((公財)日本交通公社 主任研究員)
◆講義5.事例3.「小規模コミュニティ内の住民も交えた」連携のあり方~徳島県三好市
     講師:出尾 宏二 氏 (一般社団法人そらの郷 事務局次長)
     コメンテーター:岩崎 比奈子 ((公財)日本交通公社 主任研究員)
◆講義6.事例4.「まち・ひと・情報を網羅する、金融を交えた」連携のあり方~長野県山ノ内町
     講師:中尾 大介 氏 (WAKUWAKUやまのうち 監査役(八十二銀行 融資部 審査役 地域活性化担当))
     コメンテーター:牧野 博明 ((公財)日本交通公社 主任研究員)

<第3部> より強固なパートナーシップの構築に向けて
◆総括ディスカッション:地域における連携のあり方を考える~「パートナーシップ」の構築に向けて
     パネリスト(予定):大西宏志氏、高浪七重氏、出尾宏二氏、中尾大介氏
     コメンテーター:山田雄一
     ファシリテーター:岩崎比奈子

16:45 閉講
※講師、講義内容、登壇日(順序)は、やむを得ず変更となる場合がございます。


これまでの観光基礎講座・観光実践講座・観光地経営講座