公益財団法人日本交通公社は、
旅行・観光に関する学術的、実践的な調査研究を通して、
わが国の観光文化の振興に寄与し、豊かな社会の実現を目指します。

公益財団法人日本交通公社は、旅行・観光に関する学術的、実践的な調査研究を通して、わが国の観光文化の振興に寄与し、豊かな社会の実現を目指します。
  • 観光資源評価研究「美しき日本 旅の風光」
    「日本における観光資源の評価に関する研究」の概要について発表し、また、それぞれの分野の研究者に論考いただきました。
    本文公開中(PDF)
  • 平成25年度観光実践講座講義録
    「オンパク」に着目し、実践者の講演、当財団の独自調査結果、ディスカッションの記録をまとめています。
    本文公開中(PDF)
  • 観光の経済効果研究
    地域の経済活性化に資する観光の経済効果研究を進めています。
    コラムを公開中
  • インバウンド政策研究レポート
    世界第2位の国際観光客受入国であるスペインを対象として、FIT(個人旅行)客の地方分散化に焦点を当てた先進地視察を実施しました。
    レポートを公開中
  • 「調査研究専門機関50年の歴史」発刊
    創業から1世紀、調査研究機関として50周年を迎えた当財団の歴史を、日本の旅行・観光の変遷を振り返りながらまとめた一冊です。
    PDFダウンロードはこちら
  • 研究員コラム

    watanabe

    2014/07/22観光研究情報室・旅の図書館 渡邉智彦  現在、筆者が抱えている大きな問題意識のひとつは「観光分野において、図書館を有効に活用した新しい研究とは何か」ということである。  インターネット上で情報 ...

    詳細を見る
  • フォトレポート
    20140728_1

    第11回観光研究フォトレポート  7つの温泉地と当財団が共同で研究活動を進めている「温泉まちづくり研究会」(2008年発足)。2014年度第1回目の今回は、①総会、②会員温泉地の情報交換、 ...

    詳細を見る