公益財団法人日本交通公社は、旅行・観光に関する学術的、実践的な調査研究を通して、わが国の観光文化の振興に寄与し、豊かな社会の実現を目指します。
  • 観光地マネジメント研究会
    2013年度に実施した観光客満足度調査結果を報告します。旅行動機、情報源、滞在時の満足度などについて分析しました。
    2013年度 観光客満足度調査結果
  • 「調査研究専門機関50年の歴史」発刊
    創業から1世紀、調査研究機関として50周年を迎えた当財団の歴史を、日本の旅行・観光の変遷を振り返りながらまとめた一冊です。
    PDFダウンロードはこちら
  • 国際的な視野から見た観光研究
    内外の研究者からの鋭い提言をもとに国際的な視野から見た観光研究の現状と今後の方向性を提言しています。
    2014年4月10日発刊・PDF公開

トピックス

  • 研究員コラム

    20140411_3

    2014/04/11観光政策研究部  西川亮 ■ はじめに  少子高齢化が顕著になりつつある日本。地方都市は人口減少が進み、東京の一極集中が激しくなっています。地方の観光地でも担い手不足・後継者不足は喫緊の課題で、 ...

    詳細を見る
  • フォトレポート
    P1060021小

    第5回観光研究フォトレポート  「継続することで顧客を獲得。お客様の反応が宿の意識を変える」   7つの温泉地と当財団が共同で研究活動を進めている「温泉まちづくり研究会」(2008年発足)。今回は ...

    詳細を見る