セミナー・シンポジウム

2022年度 旅の学び舎「観光地づくり講座」

2022年10月13日(木)~12月15日(木)
2022年度 旅の学び舎「観光地づくり講座」

観光文化の振興に向けた基礎知識、旬の話題や特定テーマを学び・共有する「旅の学び舎」を新たに創設しました。
その第一弾は、連続した講義により体系的に観光振興の基本を学ぶ「観光地づくり講座」です。

様々な観光地づくりを実践してきた当財団の主任研究員が講師となり、全10回にわたる講義を通して、観光による地域活性化のノウハウをお伝えします。
また、講義で得た知識を活かしたグループワークなどを通して、参加者間の交流を深めていきます。

コロナ禍からの再起動に向けて観光振興の実務に携わる皆様、ぜひご参加ください。

概要

開催日時 2022年10月13日(木)~12月15日(木)(全10回)
・主に木曜日夜の開催となりますが、一部講義は他の曜日・時間帯となります。
・開催形態(会場あるいはオンライン)は講義により異なります。
会場 日本交通公社ビル(東京都港区南青山2-7-29)またはオンライン(Zoom)
主な対象者 観光による地域の活性化に業務として携わる方
(行政職員、観光協会/DMO職員、地域コンサルタントなど)
 ※観光に関する業務経験が浅い方により適した講座です。
募集人数 20名(お申込順)
受講料 30,000円(税込) [全10回、現地会場参加1名分]  
 ※各回で組織内での受講者の変更が、また、オンラインは組織内での複数人の聴講が可能です。
 ※現地会場参加者2名分をお申込の場合は50,000円(税込)となります。
 ※当財団賛助会員の方は、上記料金から3割引となります。
主催 公益財団法人日本交通公社
お問い合わせ 公益財団法人日本交通公社 観光地域研究部 担当:磯貝・守屋・小川
TEL:03-5770-8440(10:00~17:00)
E-mail:tabimana@jtb.or.jp

スケジュール

★主に木曜日夜の開催となりますが、一部講義は他の曜日・時間帯となりますのでご注意ください。
★第1,2,5,6,7,8回(105分)は90分の講義+15分の小レポート作成、第3,4,9,10回は各回の内容(講義やグループワーク等)により時間配分は異なります。

日時 開催形態 タイトル・内容 講師等
1 10/13(木)
18:30-20:15
会場
(当財団 B1会議室)
ガイダンス/日本の観光の歴史
本講座及び旅の学び舎の目的、概要を説明します。
日本の観光のこれまでの経緯について学びます。
公益財団法人日本交通公社
観光地づくり講座プログラム長
上席主任研究員 守屋 邦彦
2 10/20(木)
18:30-20:15
オンライン 観光地づくりの変遷
日本における観光地づくりの考え方(観光計画、観光まちづくり、観光地経営等)の変遷について学びます。
公益財団法人日本交通公社
観光地づくり講座プログラム長
上席主任研究員 守屋 邦彦
3 10/27(木)
14:00-16:30
会場
(当財団 B1会議室)
※オンライン参加可
国内・インバウンド市場の動向・意識
コロナ禍での日本人旅行者の国内旅行や外国人旅行者の海外旅行の実施状況・訪日旅行の意向について学びます。
(※当財団主催「旅行動向シンポジウム」へ参加)
公益財団法人日本交通公社
         研究員
4 10/28(金)
14:00-16:30
会場
(当財団 B1会議室)
※オンライン参加可
国内・海外観光地の取組
ポストコロナに向けて国内・海外の観光地がどのように取組んでいるのかについて学びます。
(※当財団主催「旅行動向シンポジウム」へ参加)
公益財団法人日本交通公社
         研究員
5 11/10(木)
18:30-20:15
オンライン 観光政策の変遷と現状
日本における観光政策の変遷及び現在の観光政策の状況について学びます。
公益財団法人日本交通公社
観光地づくり講座プログラム長
上席主任研究員 守屋 邦彦
6 11/17(木)
18:30-20:15
オンライン 観光地マネジメントと推進組織(理論編)
観光地マネジメントの概念や推進組織であるDMOとともに、関連する社会環境の変化について学びます。
公益財団法人日本交通公社
社会・マネジメント室長
上席主任研究員 菅野 正洋
7 11/24(木)
18:30-20:15
オンライン 観光地マネジメントと推進組織(事例編)
観光地や温泉地などいくつかのタイプの観光地・地域について、観光地マネジメントの取組事例を学びます。
公益財団法人日本交通公社
活性化推進室長
上席主任研究員 中野 文彦
8 12/1(木)
18:30-20:15
オンライン 箱根における取組と今後①
箱根の現状や課題を踏まえた、特にコロナ禍以降の箱根における観光地づくりの各種の取組について学びます。
箱根DMO専務理事
       佐藤 守 氏
9 12/8(木)
18:00-21:00
会場
(当財団 B1会議室)
箱根における取組と今後②
受講者でのグループワークを通じて、今後の箱根及び観光地に求められる戦略や取組について考えます。
箱根DMO専務理事
       佐藤 守 氏
(コーディネーター)
公益財団法人日本交通公社
まちづくり室長
主任研究員 吉谷地 裕
10 12/15(木)
18:00-21:00
会場
(当財団 B1会議室)
総括
これまでの講座内容の振り返り、今後の観光地づくりに求められる視点について考えます。
公益財団法人日本交通公社
観光地づくり講座プログラム長
上席主任研究員 守屋 邦彦

※講師、講義内容、開催日(順序)はやむを得ず変更となる場合がございます。
※新型コロナウイルスの感染状況により、会場での開催がオンラインに変更になる場合もございます。