沿革

公益財団法人日本交通公社の歩み ~観光を専門とする実践的な学術研究機関として~

私たち公益財団法人日本交通公社は、1912(明治45)年、「ジャパン・ツーリスト・ビューロー」として創業し、1945(昭和20年)に「財団法人日本交通公社」と名称を変え、その後1963(昭和38)年、営業部門を「株式会社日本交通公社(現 株式会社ジェイティービー)」として分離し、調査研究機関として新たなスタートを切りました。
 同年は、「観光基本法公布」や、翌年の「海外旅行自由化」「東海道新幹線の開業」「東京オリンピック開催」等、旅行・観光分野の大きな転換期でした。その後、旅行の大衆化、オイルショック、リゾートブームやバブル経済の崩壊、少子高齢化・人口減少社会といった社会環境の大きな変化に直面しながら、私たちはそれぞれの時代の要請に応えるべく、様々な事業に取り組んでまいりました。

 近年、観光が国家戦略・地域戦略の重要な柱として注目されるようになり、当財団も、観光を通じた国家・地域の発展、また観光研究の進展に一層力を注いでいます。
 2012(平成24)年には公益財団法人に移行し、また2016(平成28)年には文部科学省より学術研究機関の指定を受けました。

沿革

1912年 ジャパン・ツーリストビューロー設立
1945年 財団法人日本交通公社と改称
1963年 営業部門を分離して、株式会社日本交通公社(現:株式会社ジェイティービー)設立
1973年 『観光事典』発行
1974年 観光文化振興基金設置
機関誌『旅行の動向』創刊/『余暇社会の旅』発行
1976年 賛助会員制度開始
機関誌『観光文化』創刊
1978年 「観光文化資料館」開設
1979年 『観光の現状と課題』発行
1984年 『現代観光用語事典』発行
1994年 『観光読本』発行
1999年 観光文化資料館、「旅の図書館」に改称
2006年 「観光文化事業部」新設
2012年 公益財団法人へ移行
2013年 「観光政策研究部」「観光文化研究部」「観光研究情報室」の2部1室体制に移行
『観光地経営の視点と実践』発行
2014年 『創業1912年から1世紀 創発的進化へ向けて~調査研究専門機関 50年の歴史~』発行
『美しき日本―旅の風光』発行
2016年 研究部門を「観光政策研究部」「観光地域研究部」「観光経済研究部」の3部体制に移行
「旅の図書館」「企画室」「編集室」から成る「観光文化情報センター」を設置
総務部に「企画創発課」を設置
文部科学省より学術研究機関の指定を受ける

創業1912年から1世紀 創発的進化へ向けて ~調査研究専門機関 50年の歴史~

目次

資料編

関連するタグ:

新着情報News