機関誌「観光文化」

サステナブルツーリズム・リコンストラクション(観光文化 254号)

サステナブルツーリズム・リコンストラクション(観光文化 254号) 全文無料公開中

※転載はご遠慮ください

サステナブルツーリズムが、大きな注目を集めている。
しかし、その概念は幅広く、それぞれの立場・視点から語られ、語られる側、主に観光地や事業者側に混乱を生んでいないだろうか。
サステナブルツーリズムの概念・現象の整理を行い、観光地・事業者等の主体別に、選択的に取り組むべきことなどがわかるように、サステナブルツーリズム概念の再構築を試みた。

判型・ページ数
A4判 68ページ
価格
定価1,100円(本体1,000円 + 税)

※本書は当サイトでの販売は行っておりません。

掲載内容

表紙・巻頭言

表紙
巻頭言サステナブルツーリズム~先進国と開発途上国~ アーナンダ クマーラ

特集 サステナブルツーリズム・リコンストラクション

特集1サステナブルツーリズム及び周辺領域の概念整理 中島 泰
特集2国内における持続可能な観光の到達点と課題 古屋 秀樹
特集3北海道におけるサステナブルツーリズムの到達点と課題 桃井 真弥、神宮 泰祐
特集4奄美・沖縄におけるサステナブルツーリズムの到達点と課題
    〜主にアドベンチャーツーリズムの社会実装を例として〜
岩浅 有記
特集5サステナブルツーリズムの概念の分解と再構築 石黒 侑介、中島 泰
視座サステナブルツーリズムのこれから 中島 泰

観光研究最前線

新型コロナウイルス感染症流行下の日本人旅行者の動向5 仲 七重、五木田 玲子

活動報告

第25回たびとしょCafe「人と人をつなぐ架け橋に~行政職員が挑戦する“宝物”同士のマッチング~」 片野 陽介
第26回たびとしょCafe「コロナ禍で改めて気がついた観光の意義~“巻き込まれ力”が築いた信頼関係~」 小関 みどり

[連載] 観光を学ぶということ ゼミを通して見る大学の今

第14回 和歌山大学観光学部 サステナビリティゼミ 加藤 久美

[連載] わたしの一冊

第26回『宮本武蔵』吉川英治著 佐藤 和志