■観光文化 特集・著者の一覧 (創刊号~18号)(1976年~1979年)

1979.01.01

1979年度

号数 発行年 月号 連載 特   集 著  者
18 1979 11 特集 旅行者の求める「観光」
巻頭言 「礼儀作法」 ジェフリー・ハミルトン
特集1 欲を言えば限りがないが… 八木 北斗
特集2 旅人を迎える心 見城 美枝子
特集3 アメリカドライブ旅行―モーテル賛歌― 小堀 用一朗
視点 国内観光の視点:第3次ホテル建設ブームの現況 有馬 義治
視点 国際観光トピックス:米国のナショナル・レクリエーション・エリア 伊崎 嵒
観光文化資料館だより 「観光文化資料館」の1年 池辺 巧一
17 1979 9 特集 観光と開発
巻頭言 三つのホテル 齋藤 正
特集1 これからの観光開発の方向―各地の観光地づくりの知恵に学ぶ― 前田 豪
特集2 まちづくりと観光 湯布院温泉の場合に… 猪爪 範子
特集3 沖縄の現状と離島の環境容量 小久保 恵三
視点 国内観光の視点:新経済社会7カ年計画と都市公園整備 中田 総一郎
視点 国際観光トピックス:サイパンの光と影 尾張 幹
観光文化資料館だより コーランとイスラームの世界 宮澤 良夫
16 1979 7 特集 旅行志向の変化とリゾート
巻頭言 レクリエーションと省エネルギー 葛西 嘉資
特集1 温泉観光地と観光行政―定山渓温泉と札幌市の事例― 清水 宏
特集2 団体さまとご家族と―旅館におけるその遺伝的研究― 田邊 英蔵
特集3 宿泊利用の現状と今後 野沢 篁一
視点 国内観光の視点:川下産業に対する不安と期待 中田 総一郎
視点 国際観光トピックス:韓国・慶州普門湖リゾートのオープン 掘井 正一
観光文化資料館だより 読み物としての聖書 宮澤 良夫
15 1979 5 特集 1980年代のホテル産業
巻頭言 「サービス」 阿部 恂
特集1 1980年代の我が国ホテル業界の展望 丸山 三郎
特集2 1980年代のホテル展望 橋本 保雄
特集3 ホテル業発展の方向 井上 達久
国内観光の視点 地方の時代と文化振興 中田 総一郎
国際観光トピックス 激しさを増すクレジット・カード戦争 本誌編集部訳
観光文化資料館だより ヨーロッパの陶磁器(その2:イタリア) 宮沢 良夫
14 1979 3 特集 80年代の陸上輸送
巻頭言 史跡めぐり 平田 敬一郎
特集1 鉄道と観光客輸送―その現状と将来― 豊島 勉
特集2 1980年代の観光バス―快適性と安全性の追求― 河崎 兵衛
特集3 1980年代の陸上交通・自動車 猪崎 富佐喜
国内観光の視点 経済サービス化への対応 青山 有三
国際観光トピックス 飛行機の予約をする時には… 本誌編集部訳
観光文化資料館だより ヨーロッパの陶磁器(その1:序論) 宮沢 良夫
伸びる宿泊産業の新しい視点―旅館・ホテル経営講演会から― 日下 公人
13 1979 1 特集 80年代の海外旅行
巻頭言 観光と歓楽 梶本 保邦
特集1 80年代海外観光旅行の展望 川口 満
特集2 1980年代の航空旅客―その変化への対応― レスター・J・ギルバート
特集3 ”低運賃化”と80年代の海外旅行 大澤 水紀雄
特集4 1980年代の観光・レクリエーション 黒部 陸夫
国内観光の視点 文化志向と観光の復活 他 本誌編集部
国際観光トピックス 海の浸食作用に悩まされるアメリカ沿岸地帯 他 本誌編集部訳
観光文化資料館だより 「シェイクスピアゆかりの旅」 宮沢 良夫

トップへ戻る

1978年度

号数 発行年 月号 連載 特   集 著  者
12 1978 11 私と旅と資料 千家 てつ麿
観光情報を求めて 江橋 慎四郎
期待される情報の提供を目ざして 田崎 乃武雄
観光誘致情報と消費者利益情報 安間 一勇
国内観光の視点 日本の宿泊施設と芸術 他 本誌編集部
国際観光トピックス フレディ・レイカーの新しい翼 他 本誌編集部訳
観光文化資料館だより 観光文化資料館
お知らせ 世界観光機関(WTO)に加盟 管理室
11 1978 9 温泉地旅館への注文 林 修三
観光サービスと私 岩切 章太郎
日本旅館の責任とサービス 西村 四郎
観光産業のサービス―レストランの場合を一例として― 和田 恒彦
「サービス」―その問題点と改善の方向― 池田 誠
国内観光の視点 「夏休み旅行」3年ぶりに増加 他 本誌編集部
国際観光トピックス 中近東の近代化に、高まる回教正当派の抗議 他 本誌編集部訳
観光文化情報―酒蔵の旅― 池辺 巧一
10 1978 7 個別型の観光 八十島 義之助
高速道路の開通が沿線観光地に及ぼす影響とその対応策について 花岡 利幸
成田開港にともなう問題点―路線よりも空港問題を― 津崎 武司
私の終着駅 石田 穣一
新幹線と地域変化 溝尾 良隆
細野 光一
最近の旅行の動向 黒部 陸夫
国内観光の視点 新大隅開発を考える 他 本誌編集部
国際観光トピックス 太陽の都、イラクの砂漠によみがえる 本誌編集部訳
観光文化情報―スコットランドの旅― 池辺 巧一
9 1978 5 旅人讃歌 中山 伊知郎
旅行の小グループ化とその対応 田中 輝好
旅―新しい生活のなかでの新しい意味 井上 優
観光旅行客の小グループ化傾向について―旅行業者の立場から 星野 精三
修学旅行の最近の傾向について 阿部 壽治
新婚旅行の動向 原田 隆
観光文化情報―博物館の旅― 池辺 巧一
国内観光の視点 不況の中で伸びるホテル 他 本誌編集部
国際観光トピックス ライト兄弟初飛行から75年 本誌編集部訳
8 1978 3 旅について考える 高橋 壽夫
観光の二つの顔 曾野 綾子
不況に強い観光旅館・ホテルの条件 山崎 充
我が国におけるリゾートホテルの現状と問題点 山口 祐司
沖縄ハーバービューホテルの建設と運営 藤井 努
最近1年間の全国観光地の動向 有馬 義治
国内観光の視点 文化庁、歴史の道を整備 他 本誌編集部
国際観光トピックス ヨーロッパの温泉にブーム到来 他 本誌編集部訳
観光文化情報―日本の最南端、八重山諸島の旅― 池辺 巧一
7 1978 1 命なりけり 井上 靖
座談会:1980年代の観光を語る 角本 良平他
観光開発のあり方 鈴木 忠義
景観保存と観光の接点―欧米の実態と水準― 服部 千之
旅行ガイドブックについて 高坂 知英
ライフステージ別の旅行の現状と見通し 内藤 錦樹
観光文化情報―民俗衣装の町、フォレンダムとマルケン島― 池辺 巧一
国内観光の話題 ペンション経営者に必要な心構え 他 本誌編集部
国際観光トピックス 書き直される古代ヨーロッパ文明の起源 他 本誌編集部訳

トップへ戻る

1977年度

号数 発行年 月号 連載 特   集 著  者
6 1977 11 観光開発の一視点 林 知己夫
観光国土づくり―新しい日本の観光のために― 田村 明
自然保護と開発をめぐって 徳久 球雄
余暇とレジャーのゆくえ 安居院 平八
観光文化情報―ブカレストの村落博物館 池辺 巧一
国際観光トピックス レオナルド・ダビンチの名作最後の晩餐は75%が改変されている 本誌編集部訳
ドイツとの比較によるわが国旅行需要の考察 桜田 薫
5 1977 9 ある自動車旅行 河野 豊弘
イタリアの山中の古寺に壁画を訪ねて 吉川 逸治
「面の外交」としての海外旅行 猿谷 要
ロンドン・シチー25時―海外旅行と「異邦人」の感覚 高橋 文利
旅行業者の現況 井上 達久
国際観光トピックス ミダス大王とビール 他 本誌編集部訳
観光文化情報 池辺 巧一
4 1977 7 旅と風物 高山 英華
「創る観光」の必要性 観光産業の発展のために 堺屋 太一
旅行者の水準をどうとらえるか? 岡田 喜秋
最近の旅行の動向 内藤 錦樹
ハワイ―その栄光への努力 溝尾 良隆
エスリン研修所 米国における精神修養の一つの動向 国谷 誠朗
国際観光トピックス 現存する世界最古、4500年前の木造船 他 本誌編集部訳
啄木の旅―観光文化情報センターの照会記事より― 池辺 巧一
昭和51年度観光文化振興基金による優秀論文の表彰について 本誌編集部
3 1977 5 ある旅の思い出 岡本 哲治
観光業とライフスタイル 村田 昭治
日本旅館の変容と回生の條件 草柳 大蔵
旅行業の役割を考える 高桑 清明
観光文化情報センターの照会記録より 池辺 巧一
海外旅行の概況 松井 一郎
国際観光トピックス 宮澤 良夫
観光レクリエーションと地域文化 溝尾 良隆
小久保 恵三
”21世紀の国”ブラジル 田 敏夫
2 1977 3 貝塚とクリーン作戦 伊藤 善市
市民が参加する観光地づくり 杉岡 碩夫
観光文化財 どう見るどう見せる 岩橋 二郎
観光文化情報センターの照会記録より 池辺 巧一
昭和52年度の旅行の見通し 黒部 陸夫
国際観光トピックス 初めて公開された世界の航空会社、過去25年間の安全実績 宮澤 良夫
日本文化を外国に伝える 国谷 誠朗

トップへ戻る

1976年度

号数 発行年 月号 連載 特   集 著  者
1 1976 12 刊行のことば 西尾 壽男
論説 旅行業者の本質とマーケティング課題 林 周二
随想 ホテルそのプラスとマイナス 扇谷 正造
国際観光トピックス ペンシルバニア州ダッチ・カントリーへのバス旅行新方式 宮澤 良夫
最近の旅行の動向 内藤 錦樹
観光事業の従業員の能力開発 国谷 誠朗
ホテル旅館の問題点 内田 一彦
観光レクリエーション空間づくりと調査・計画論 原 重一

トップへ戻る

機関誌「観光文化」 バックナンバー