メールニュース 最新号

2024/2/15
※このメールはHTML形式のため、ご利用のメーラーによっては正しく表示されない場合があります。
 
先日、山口大学経済学部で開催されたシンポジウム「格差なく楽しめる観光」で研究員が講演しました。レポートを公開しておりますのでご覧ください。

このほか、コラム、旅の図書館の情報を公開していますので、以下のリンクからご覧ください。
観光研究コラム
当財団研究員が調査研究活動や普段の生活の中で感じたことを綴っています。キーワードは、「観光地マネジメント」「DMO」「観光振興財源」「観光地マーケティング」です。
vol.503
菅野 正洋
当財団の活動紹介
2024年1月19日(金)、山口大学経済学部でシンポジウム「格差なく楽しめる観光」が開催されました。
当財団から相澤上席主任研究員が、がんサバイバーなどの慢性疾患を持つ患者をテーマにした講演をしたのち、山口大学経済学部学部長で障がい者雇用やダイバーシティの研究に取り組む有村教授と、観光政策が専門の朝水教授、アウトドアにおけるバリアフリーの研究に取り組む西尾教授とのパネルディスカッションではそれぞれの見地から格差なく観光を楽しむためについて意見を交わしました。
旅の図書館
旅の図書館は事前予約制で開館中です。
-月曜日~金曜日:10:30~17:00開館-
(土日祝日、毎月第4水曜日は休館日です)
※6月以降、1日のご利用人数は50名までとなります。
今後も事前予約制は継続いたしますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
3月は5日(火)が臨時休館となります。
観光研究・調査相談窓口からのご案内
 
観光地の魅力づくりや旅行マーケットの動向、観光振興に関する調査等、以下の「お問い合わせフォーム」より、お気軽にご相談ください。
 
 
『 公益財団法人日本交通公社メールニュース 』へのご意見・ご感想・メールアドレスの変更はこちら
 
配信先メールアドレスの変更や配信停止は、お手数ですが下記からお手続きください。
 
 
 
発行:公益財団法人 日本交通公社 https://www.jtb.or.jp/
住所:東京都港区南青山2-7-29
 
 
Copyright © Japan Travel Bureau Foundation All Rights Reserved.
 
※このメールマガジンは転送歓迎です。
ただし、掲載された記事の内容を改変したり、許可なく転載することを禁じます。
掲載記事の一部または全部を無断で複写複製(コピー)することは、著作権法での例外を除き禁じられています。
複写を希望される場合はあらかじめ当財団宛に許諾を求めてください。